雑記

昨日と違う今日を過ごせば、人生はかならず豊かになる

投稿日:

「無意義な日々を送っている」「怠惰な毎日の繰り返しだ」と思ったことはありますか?
もし今そう思っているのであれば、人生を有意義にするための誰にでもできる簡単な方法があります。

どんなことでも構いません。昨日とは何かひとつ違うことをやってみるのです。

豊かな人生を送るためのシンプルな方法

そもそも「豊かな人生」とは何でしょう?
答えはいろいろ考えられますが、ここでは「意味のある人生」「価値のある人生」としてみます。

さて、豊かではない人生を送る人が豊かな人生を送るためにすべきこととは何か?
その答えは「些細なことでもいいから昨日とは違うことをする」というものです。

どんなに小さなことでも構いません。
学校からの帰り道で一路違う道を通ってくることでも構いません。
たまたま目についた雑貨屋に入ってみてもいいでしょう。
普段とは違うアイスクリームを買ったらいろいろ幸せです。
いつもより30分早く寝てみるのは健康的でもあります。

とにかく、「昨日までの人生でやらなかったこと」をやってみるのを1日1回心がけてください。
そうすれば豊かな人生……が始まるキッカケになります。

怠惰な日々の罠

なぜそんなことをすれば人生が豊かになるのでしょうか?

今、豊かではない人生を送っている人を想像してみてください。
その人は毎日が同じことの繰り返しに飽き飽きしています。
が、とりたててその現状を変えようとはしていません。
現状を変えるのは面倒くさいし、どうせ変えられないだろうし、たとえ変えられたとしてもそう劇的に変わるわけではないだろう––と思い込んでいるからです。

流れに身を任せ、自分の頭で考えない日々が続くと、どんな人でも精神の強靱さを失っていきます。
低きに流れ、怠惰を愛し、変化を嫌い、現状のメリットに理由をつけその中に閉じこもろうとします。
人生を豊かにしようと思いすらしない、そんな恐ろしい状況が生まれてしまうのです。

今の自分が無意味な人生・無価値な日々・変わらない毎日を送っていると思ったら、注意してください。

やるべきことはたったひとつ、小さな新しいこと

「どんなに小さなことでもいいから昨日とは違うことをする」というのは、極端に言うと「新しいことにチャレンジする習慣を身につける」のが目的です。

「幸運は準備のある者にのみ訪れる」とはパスツールの有名な言葉ですが、人生を豊かにするチャンスというのは往々にして未体験の物事であり、新しい事象に対する準備ができている人のみにしかその機会を活かすことはできません。

「昨日と同じ日々でいいや」と思っている人の眼の前にチャンスが訪れても、きっと見ないふりか猜疑心による否定で自ら機会を棒に振ってしまうだけでしょう。

たったひとつで構いません。どんなに些細でも結構です。
昨日までとは何か違うことをしてください。それを毎日続けてください。
そうすれば、人生を豊かにする機会を手にする最低限の準備が整った状態になります。

ほんの少しの小さな努力、始めてみましょう。

-雑記

関連記事

チャレンジする時は「過去に何をしたか」ではなく「未来に何をするか」を重視しよう

いま、何かやりたいことはありますか? 夢中になっているものは? 「特にない」ならそれで構いません。 でも、「あるけど自分にはどうせ無理だから……」と思いこんでしまっているなら、それは間違いです。 過去 …

今この文章を読んでいる人が全力で生きなければならない理由

この文章、読めますか? 読めますよね。でしたら、あなたは全力で生きなければなりません。 今すぐブラウザを閉じてください。こんなブログを見ている場合ではありません。 「なぜか?」 その理由はたったひとつ …

冬のリゾートバイトはスキー場で決まり!魅力あふれるメリットとは

冬のリゾートバイトといえばスキー場!  多くの仲間とともに高時給ではたらき、住み込みの寮で外国人と親睦を深め、休日はゲレンデで滑り放題。 リゾートバイトでも屈指の人気バイト「スキー場リゾバ」のメリット …

元ニートが感じた「働くと幸せになれる」という理屈の真実と嘘

「立派に働いてこそ一人前」「働かないと幸せになれない」「労働しなんて論外だ」。 日本ではこうした労働観念がいまだに多く根付いています。 「働くと幸せになれる」って本当なの? ひきこもりニート経験者であ …

疲れた時にやるべきたったひとつのこと

くたくたに疲れた時というのは、何をしてもあまり良い結果を生み出せません。 趣味や遊びでの疲れならまだいいのですが、仕事や責務などで疲労困憊になった時はなかなか辛いものがあります。 そんな時は何をすれば …