宮古島観光・移住

御嶽(うたき)とは何か?沖縄の信仰上の聖地について解説します

投稿日:

沖縄に来るとたびたび耳にする「御嶽(うたき)」。
いったいどういう意味なのか。
琉球文化に深く根づき、今もなお地元の人々にとってかけがえのない信仰施設である「ウタキ」について説明します。

概要

御嶽(うたき)とは、琉球(沖縄)の進行における祭祀施設で、霊場・聖域のようなものです。

沖縄の神話の神が存在・来訪する場所ですが、祖先神を祀る場所でもあり、祖先崇拝を大事にする沖縄の人々にとっては非常に意義深い施設です。
地域の祭祀において大きな役割を果たし、現在でも聖域として重んじられています。

かつて琉球では女性が神に仕えるとされていたため、琉球王国時代は男子禁制でした。その名残で、現代でも男性は特定の区域までしか入れない御嶽が多いです。

形態・外観

集落の森や泉や川、小高い丘、あるいは岬や島そのものの空間が御嶽であることが多いです。
神が降臨する標識である「イビ石」と呼ばれる石碑がある場合も多いです。
規模が大きい御嶽になると、神を歓待して歌や踊りを行うための前庭や建物等が作られています。

本来は御神体や建造物が存在しません。あくまで「神が存在したり来訪したりする所」だからです。
神社の鳥居のついた御嶽がたまにありますが、明治維新後の日本政府による皇民化政策による神道施設化の影響であり、御嶽本来のものではありません。

現代の御嶽

御嶽は今でも信仰の中心施設として沖縄の人々に重用され保護されていますが、手付かずになり放棄されたり由来や存在そのものがあやふやになってしまった御嶽も数多くあります。
観光スポットとして人気を博している御嶽もありますが極めて稀な例であり、それ以外の多くは地域の人々や司祭者である「ノロ」によって管理されています。
基本的には現在も御嶽は琉球信仰の重要施設で、たびたび行われる祭事では御嶽が中心地となるものが多いです。

ガイドブックなどで見かける御嶽は、「沖縄人以外にも分かりやすい壮大さ・由来」という観点から観光資源化されているものが多く見受けられます。
「みだりに立ち入り禁止」というルールの形骸化、入場有料化などの様々な趨勢の中、危惧を抱いた地元沖縄県民の方々の間でも様々な議論が紛糾しているようです。

宮古島の御嶽

漲水御嶽(はりみずうたき)

harimizu3

宮古島で最も有名な御嶽。
関連:漲水御嶽(はりみずうたき)は宮古島で一番有名なパワースポット御嶽!

真玉御嶽

madamautaki3

御嶽だけど神社という懐の広い御嶽。
真玉御嶽(まだまうたき)は知る人の少ない宮古島の御嶽

まとめ

旅行者の方々にも近年人気を集めつつある数々の御嶽。
観光で訪れる際は、ガイドブックや看板などで注意事項をよく読み、各御嶽のローカルルールに従ってご観覧ください。

-宮古島観光・移住
-,

関連記事

人知れぬ絶景の展望台。宮古島の「健康ふれあいランド公園」に行ってきました

宮古島には多くの絶景スポットがあり、なかには人に知られていない無名の掘り出しスポットがあることも。 今回ご紹介するのは宮古島北部の「健康ふれあいランド公園」。 なかなか話題に上ることの少ないマイナース …

オトーリとは何か?宮古島の恐るべき飲酒文化を徹底解説

オトーリ。宮古島に行くと必ず聞くこの言葉。 これは宮古島に伝わる独特の飲酒法のことで、一言で言うと「ヤバい酒宴スタイル」です。 何がどのくらいヤバいのか、ヤバいことで有名な飲酒文化オトーリとは一体何な …

沖縄のホームセンターといえばメイクマン!宮古島では必須店!

沖縄人にとってホームセンターといえば、コーナンでも島忠でもなく「メイクマン」です。 南国沖縄において圧倒的シェアと人気を誇り地元に愛されるメイクマンについてご紹介します。 ホームセンター「メイクマン」 …

沖縄には湯船がない!?南国の意外なお風呂事情

沖縄に移住して驚いたことはいくつもありますが、その中のひとつに「家の風呂場に湯船が無くシャワーだけ」というものがあります。 なぜ沖縄には湯船がない住宅が多いのか。 ちょっと調べてみました。 沖縄の風呂 …

宮古島のバスはかなり不便。観光や旅行に行く前に知っておきたいこと

観光での移動手段といえばまず「バス」が思い浮かびます。 ここ沖縄の宮古島でも一応バスは存在します。 しかし限りなく不便なので、快適な宮古島旅行を楽しむためにはあまりおすすめできません。 宮古島のバス …