雑記

疲れた時にやるべきたったひとつのこと

投稿日:

くたくたに疲れた時というのは、何をしてもあまり良い結果を生み出せません。
趣味や遊びでの疲れならまだいいのですが、仕事や責務などで疲労困憊になった時はなかなか辛いものがあります。

そんな時は何をすればいいのでしょうか?
答えはたったひとつ。
「ゆっくり休む」ことです。

疲れた時にはゆっくり休むことの大切さ

日々の生活の中で重荷を背負う時があります。
くたびれてしまって、有意義なことができない状況。
何を考えてもマイナス思考になり、自己嫌悪に陥ったりイライラして攻撃的になったりする状態。
「やるべきことがあるから」と言ってとりあえず行動はしてみるものの、効果的には為しえないコンディション。

そんな時は、しのごの考えずとにかく休むことが大事です。

「気晴らし」といってギャンブルや飲酒や読書やアニメやゲームに走ったり、ヒーリングやヨガや運動や創作活動を始めてみるのも、かなり限定的な場合によってはいいかもしれません。

でも、本当に疲れている時はゆっくり休むのが一番です。

栄養のある食事をたくさん取って、そしてたっぷりと眠りましょう。いつもより多く。
それだけで明日の朝には元気になっています。
活力が生まれて、疲れている時ではできなかったことが可能になり、考えられなかったことが脳裏に浮かぶようになるでしょう。

「たくさん休めば元気になるのは当たり前じゃないか」とお思いになるかもしれません。
その通りです。
至極当然のことです。

ですが、本当に休息が必要な人でそれができていない人は思いのほか多いのです。

毎日仕事が遅くなって、休日も何かと予定が埋まってしまっている人などは、平日帰宅した後のわずかな時間ですら貴重なプライベートタイムです。
そういった状況では、疲れをおしてついついやりたいことをやってしまうものです。
「好きなことをやるためには睡眠時間を削るしかない」という方が日本には多くいらっしゃいます。
無理もない話です。

ですが、真に疲れているのであれば、やはり休息をとることを第一に行うべきです。
疲弊した日々が続けば、それだけで体のどこかは蝕まれていきます。もちろん精神も。
悪循環は悪循環を呼び、お酒やギャンブルで「疲れを紛らわせよう」と思った毎日は高い確率で将来の自分に牙をむきます。

食事をして休みましょう。
健康になるし、精神も回復するし、安上がりですぐに実行できる。
肝臓も悪くならないし、お金も減らないし、頭を使うことも体力を消耗することもない。
メリットしかありません。

そもそも「疲れている」時にやるべきことなど「疲れを解消する」以外に存在するはずがありません。

いっぱい食べてたくさん寝なさい。
幼い頃、母親から言われ続けたあの言葉は、大人になってからも通じる人生の極意のひとつなのです。

-雑記

関連記事

今この文章を読んでいる人が全力で生きなければならない理由

この文章、読めますか? 読めますよね。でしたら、あなたは全力で生きなければなりません。 今すぐブラウザを閉じてください。こんなブログを見ている場合ではありません。 「なぜか?」 その理由はたったひとつ …

psp

「白衣性恋愛症候群」をプレイしたので骨髄バンクにドナー登録してきました

つい最近、「白衣性恋愛症候群RE:Therapy (リセラピー)」というゲームをクリアしました。 骨髄移植を待ち望む人のために何かできないかと思いました。 そんなわけで骨髄バンクにドナー登録してきまし …

冬のリゾートバイトはスキー場で決まり!魅力あふれるメリットとは

冬のリゾートバイトといえばスキー場!  多くの仲間とともに高時給ではたらき、住み込みの寮で外国人と親睦を深め、休日はゲレンデで滑り放題。 リゾートバイトでも屈指の人気バイト「スキー場リゾバ」のメリット …

yattane!

極限状態に置かれたら26年来の食べ物の好き嫌いが治った話

「食べ物の好き嫌いはどうやったら治るのか」。 子持ちの親御さんにとっては永遠のテーマでしょう。 無理やり食べさせるというのも一つの方法ですが、もっと良い方法があるかもしれません。 今回は、僕が26年間 …

元ニートが感じた「働くと幸せになれる」という理屈の真実と嘘

「立派に働いてこそ一人前」「働かないと幸せになれない」「労働しなんて論外だ」。 日本ではこうした労働観念がいまだに多く根付いています。 「働くと幸せになれる」って本当なの? ひきこもりニート経験者であ …