雑記

何かのプロになるために守るべき5つのこと

投稿日:

誰でも一度は「何かのプロになりたい」と思います。
しかしほとんどの人が途中で挫折します。
プロになるために必要なことは何なのか?
わかりきったことだけれど実際にはなかなか出来ない5つの遵守事項を解説します。

プロフェッショナルになるために実践すべきこと5選

1. 明確な目標と期間を設定する

道なき道をゆけるのはその先に目的地がある人だけ。
何かのプロになりたいのなら、まず「その道におけるプロとはどんな状態か」を明確にする必要があります。
到達すべきゴールをしっかり認識すると言い換えてもいいでしょう。

試験に合格する、資格を取得する、オーディションに受かる、特定の賞を取る……何でも構いません。
「いつまでに、何をするか」をはっきりと見定めましょう。
目標や期間を設定しないと、「明日やればいいや」といつまでもダラダラと大した努力もしない毎日になってしまいます。

2. 面倒がらずにコツコツ実践

「確実にやった方がいいけれど、面倒だからやりたくない」
努力を続けていく中で、こんな物事に幾度も遭遇することでしょう。
そんな時は、面倒がらずにきちんと実践しましょう。

「やった方がいい」と確実にわかっていることなら、たとえ面倒でも絶対にやっておくべきです。
合理的に考えれば効果的な話ですし、その行動の結果が後々もっと面倒なことを回避してくれることもよくあります。

何かを始めて間もない頃、特に基礎を学んでいる段階でこのような場面が頻出します。
「やった方がいい」と理解できるほど「やった方がいい」ことなら、間違いなくやるべきなのです。

3. レビューを行い現在地を確認

ただ闇雲に努力すればいいというものでもありません。
ある程度の期間ごとに、今の自分の現在地を確認する必要があります。

設定した目標にきちんと向かえているか。
なすべきことはきちんとなしているか。
現在の行動にズレはないか。遅延はないか。
このままの速度で間に合うのか。 

チェックすべき項目は多岐に渡りますが、あまり時間をかけすぎるのも本末転倒です。
計画通りに状況が進行していればひとまずの問題はないでしょう。

4. 失敗したら反省して再挑戦

世の中にすぐ結果が出るものは多くありません。
努力が結果に結びつかずに、あるいは行動が失敗してしまった時、とても落ち込んでしまうのは仕方のないことです。

しかし、努力の過程で失敗が発生するのは不可避事項です。
どんなに頑張っても、失敗せずに物事を成し遂げるのはほぼ不可能と言えます。

成功できなかったからといって落胆してはいけません。
なぜ失敗したのか、どうすれば成功できたのか。
失敗を綿密に分析して、次のチャレンジに繋げましょう。

5. とにかく自分を信じてやり続ける

不確定な未来ほど恐ろしいものはありません。
時には「今のままでいいのか」「本当にこれで大丈夫なのか」と不安になってしまうこともあるでしょう。

何かシチュエーションが急変したら話は別ですが、そうでないなら、自分を信じて努力し続けましょう。
心配する時間がムダだからです。
心配だけしていたら絶対に成功はしません。
ならば、その心配を抑えつけて、心配する時間を目標達成の努力にあてましょう。
ゴールを目指すために非常に合理的な行動です。

何日、何ヶ月、あるいは何年そういった状況が続くかもしれません。
何よりもつらい時期です。
ある程度は趣味や遊びで発散しつつ、心を強く持って自分を信じて努力を続けましょう。

最終的に成功するのは、成功するまでやり続けた人だけです。
自分を信じてやり続けること。それが何より大事なことです。

-雑記

あなたにおすすめの記事

関連記事

yattane!

極限状態に置かれたら26年来の食べ物の好き嫌いが治った話

「食べ物の好き嫌いはどうやったら治るのか」。 子持ちの親御さんにとっては永遠のテーマでしょう。 無理やり食べさせるというのも一つの方法ですが、もっと良い方法があるかもしれません。 今回は、僕が26年間 …

「幸せかどうか」はその人が決める——幸福主観論

自分は幸せだと思っているのに、他人から「あなたは本当は不幸だ」なんて言われたことはありませんか? 人間の幸不幸はいったい誰が決めるのか。何によって決まるのか。 その答えは驚くほどシンプルなものでした。 …

「1日の終わりに反省するな」は最高の名言だ

現代でも絶大な人気を誇る哲学者ニーチェの言葉に「1日の終わりに反省するな」というものがあります。 一見すると無鉄砲な言葉に思えますが、この言葉の意味はとても実践的です。 ぼくがこの言葉の意味を体感でき …

必要なのは「がんばらない」こと。「手を抜く」「休憩」の重要性を知った話

はいどーもー! いえええええええええい!!!!!!! ちょっと今回頑張りすぎて死にそうになったのですが、頑張らないことの大切さを学んだので書きまくります。 うええええええええええい!!!!!! 目次1 …

チャレンジする時は「過去に何をしたか」ではなく「未来に何をするか」を重視しよう

いま、何かやりたいことはありますか? 夢中になっているものは? 「特にない」ならそれで構いません。 でも、「あるけど自分にはどうせ無理だから……」と思いこんでしまっているなら、それは間違いです。 過去 …