宮古島観光・移住

宮古島のスナヤマカフェで極上のスイーツを堪能しよう!

投稿日:

海が美しい沖縄の宮古島。
その中でもトップクラスに美しいビーチの近くにカフェがあったら、寄り道してスイーツを食べたくなるのが自然の思考です。

砂山ビーチという宮古島屈指の絶景ビーチの近くに店を構える「スナヤマカフェ」も、そんな欲求に応えてくれる名店のひとつです。

砂山ビーチ近くのカフェ、スナヤマカフェ

sunayamacafe12

沖縄どころか全国でも指折りの美麗ビーチとして名高い砂山ビーチ、その近くにスナヤマカフェはあります。
具体的な場所を言うと、砂山ビーチへと通じる一本道の入り口付近です。
まず見落とすことはないでしょう。

sunayamacafe1

駐車場。

sunayamacafe10

テラス席。風が気持ちよさそう。
日陰の席もあります。

sunayamacafe2

sunayamacafe3

入り口。
中へ入ってみましょう。

sunayamacafe9

お店のドアを開けてすぐの光景。
「南国のカフェ!」って感じがひしひしと伝わってきます。

ちなみに店内BGMは「海近くのカフェ」という感じの器楽曲。雰囲気作りも満点です。

sunayamacafe4

宮古牛タコライス、チキンココナッツカレー、チキンクリームドリア、自家製ピザ、マンゴージュース、黒糖カフェラテ、イタリアンソーダ、各種スムージー、焼きたてワッフル、宮古ぜんざい……。
軽食からデザート、ドリンクまでよりどりみどり。
オーダーに迷います。

sunayamacafe5

カウンター席。

sunayamacafe6

カウンター席から入り口を振り返った図。
この左方にはテーブル席が並んでいます。

sunayamacafe7

メニュー。
カフェといえば紅茶にスイーツ。
そんなわけでとびきり甘いものを注文します。

sunayamacafe8

「焼きたてワッフル! 自家製バニラアイスとフルーツを添えて・・」(650円)。
「ぐるナイ」を彷彿とさせる長大な名称。恥ずかしがらずにフルネームで注文しましょう。

食べてみます。
!!
美味い!
なんだこれは!
熱々でフワッフワのワッフルと冷たいアイスクリームの凶悪なまでの絶好なコラボレーション。
またこのワッフル自体が濃厚なバターと砂糖の味付けで、アイスの甘みと足し算されるので「こんなの美味しいに決まってるじゃん!」と心の中で叫びながらフォークが唸ります。
ちょっと口直しをしたいなと思ったら自然と目にはいるオレンジが憎い。もはや卑怯。

あっという間に食べ終わってしまいました。
ビーチで泳いだ後にここに寄ったので口の中が塩辛かったのですが、それも相まってワッフル+アイスクリームの甘さがもう天上の供物レベルでした。

sunayamacafe11

砂山ビーチで思いっきり沖縄の海を堪能した後は、スナヤマカフェで甘いスイーツを堪能して体力を回復しましょう!

地図・アクセス

スナヤマカフェ
沖縄県宮古島市平良荷川取655−2

-宮古島観光・移住
-,

関連記事

絶対に知っておきたい、沖縄ではサングラスをかけないと危険な理由

夏のまぶしい太陽は沖縄の魅力のひとつです。 しかし、だからといって気軽に海で泳いだり外で遊んだりできるわけではありません。 地元の人ですらあまり知らない事実ですが、沖縄の太陽の紫外線は非常に強力で、き …

保良泉/保良川(ぼらがー)ビーチで自然の海とプールを楽しもう

沖縄宮古島の保良川(ぼらがー)といえば、カヤックや引き潮の鍾乳洞ツアーで人気のビーチです。 「鍾乳洞が探検できる」と有名なのでビーチの方は実はそれほど名が知られていません。 しかし、実は保良川ビーチは …

宮古島の人気ビーチ「新城海岸」に行ってみた

透明な美しい海と、快適なサービス。 観光にはもってこいのビーチといえば新城(あらぐすく)。 今回は、沖縄の宮古島で絶大な人気を誇る新城海岸をご紹介します。 ダイビングやシュノーケルから海水浴に行楽まで …

宮古島の穴場ビーチ「間那津海岸」は絶景のシークレットビーチ!

沖縄の宮古島にはシークレットビーチが多くあります。 なぜか知名度は低いけれど絶景が楽しめる穴場スポット。 今回は宮古島北部の「間那津海岸(まなつかいがん)」をご紹介します。 絶好の穴場ビーチ、間那津海 …

「沖縄人は海で泳がない」らしいけど本当なの?

本州に住む人間からすると「透明な海」というものはそれだけで至高の宝石のように思えます。 実際、沖縄で見た海は素晴らしい綺麗さでした。 ところが、地元沖縄の人たちに聞いてみると「海で泳がない」人が多数。 …