宮古島観光・移住

さんぴん茶とは何か?沖縄で愛されるお茶の魅力を解説

投稿日:

沖縄ではどこでも当たり前のように売られているが本州では全く見かけない謎のお茶「さんぴん茶」。
沖縄に旅行した人が1回は飲むであろうさんぴん茶の謎に迫ります。

さんぴん茶とは

さんぴん茶とはジャスミン茶のことです。
沖縄ではジャスミン茶のことをさんぴん茶と呼びます。
沖縄においては缶、ペットボトル、紙パックなど様々な形態で販売されており、自動販売機やコンビニなどでほぼ必ず販売されています。

「さんぴん茶」という名前は、ジャスミンティーを意味する中国語「香片茶(シャンピェンツァ)」に由来します。
琉球王朝時代に中国との交易で沖縄に持ち込まれたのが発祥です。

美容健康やダイエットにも効果的と言われるさんぴん茶の成分はリラックス効果やストレス軽減などの効能を生み出しますが、冷たいまま飲むと体が冷えたり微量ながらカフェインが含まれている(100ml中7mg)ので、度を超えて大量に摂取するのはおすすめできません。

厳密に言うと、さんぴん茶は本場中国のジャスミン茶と比べると細かい違いが見られます。
さんぴん茶の方は、ジャスミン香が控えめで風味がやや薄く、カフェインの含有量も少なく、全体的に日本人好みの味となっています。
「ジャスミン茶は風味が強すぎて飲めないけれど、マイルドなさんぴん茶ならたくさん飲める」という人も多いです。

沖縄で愛されるさんぴん茶

とにかくどこにでも売っているさんぴん茶。
多くのメーカーから様々なさんぴん茶が発売されており、その種類は10を超えます。

多くの家庭では2リットルペットボトルのさんぴん茶を常備しています。
そのため、来客があったら「飲みかけのペットボトルから注いでいませんよ」と未開封の缶のさんぴん茶をお客様用に出す家庭が多いです。

本州で売られているジャスミン茶はどうしても「花!」という感じの強烈な香りが敬遠されがちですが、沖縄のさんぴん茶は比較的薄く口当たりも爽やかなので伝統的な人気を誇っています。

沖縄にお越しの際は、さんぴん茶を飲んで南国気分を味わってください。

-宮古島観光・移住

関連記事

沖縄の人は寒がり?冬は20度でもダウンジャケット着用

冬の沖縄に旅行してみると、特に厚着は必要ない温度なのにやたらと暖かそうなダウンジャケットやコードを着込んでいる人たちを見かけます。 沖縄の人たちはそこまで寒がりなのでしょうか? 実はその原因には、冬の …

沖縄の「ポーク」は、豚肉のことではない

沖縄のソウルフードと言えば、豚。 「鳴き声以外は全て食べる」とも言われるほど沖縄では豚料理が愛されています。 ところで、「ポーク」というと一般的に「豚肉」という意味です。 しかし沖縄で「ポーク」という …

沖縄でおすすめのウォーターサーバーはアクアクララに決定!

森林や河川に乏しい沖縄では、綺麗な飲み水の確保は長年の課題です。 手軽で安いクリアウォーターが入手できる「ウォーターサーバー」が最近人気ですが、沖縄に住んでいる方が「ウォーターサーバー欲しい!」とお思 …

宮古島移住者のネット環境はモバイルルータ+YAMADA SIMが最適!

沖縄移住希望者にとって重要な疑問のひとつに「ネット環境はどうなのか?」というものがあります。 光回線の高速インターネットライフを送ってきた方にとっては切実な問題です。 今回は、宮古島に移住して気づいた …

人知れぬ絶景の展望台。宮古島の「健康ふれあいランド公園」に行ってきました

宮古島には多くの絶景スポットがあり、なかには人に知られていない無名の掘り出しスポットがあることも。 今回ご紹介するのは宮古島北部の「健康ふれあいランド公園」。 なかなか話題に上ることの少ないマイナース …