宮古島観光・移住

オトーリとは何か?宮古島の恐るべき飲酒文化を徹底解説

投稿日:

オトーリ。宮古島に行くと必ず聞くこの言葉。
これは宮古島に伝わる独特の飲酒法のことで、一言で言うと「ヤバい酒宴スタイル」です。
何がどのくらいヤバいのか、ヤバいことで有名な飲酒文化オトーリとは一体何なのか、詳しく解説していきます。

オトーリ概要

オトーリは「御通り」とも書かれる、沖縄県宮古島市で行われている飲酒の風習です。
特に、車座になって(円になって)泡盛を飲む酒宴の席で行われます。

オトーリの手順

1.親決め

まずは参加者の中で「親」になる人を決めます。
割とテキトーに決まります。
「親」以外の人はすべて「子」となります。

2.親の口上

次に、親は杯にお酒を注いで口上を述べます。
スピーチですね。
挨拶とか自己紹介とか感謝の言葉とか色々です。
オトーリが進むのみんな酔ってくるのでだいたい「何言ってもいい」的な雰囲気になります。

3.親が飲む

口上が終わったら親は持っているお酒を飲み干します。

4.オトーリ開始宣言

親は「それではオトーリを回します」と言います。

5.親が子に飲ませる

親は、杯にお酒を注いで隣の「子」に杯を渡します。
杯を渡された「子」はそれを飲み干さなければなりません。
そして、どれくらいの量のお酒を注ぐのかは親が決めます。

オトーリ初心者や泥酔している人、「もう無理」と言っている人などに対しては、空気を読んで少ない量にしてくれる親が多いですが、中には「親の言うことは絶対だ」と言って大量に注いで飲み干すことを強要してくる人もいます。

6.返杯

お酒を飲み干した子は、親に杯を返します。

7.次の子へ

親は、再度お酒を杯に注ぎ、次の子に杯を渡します。
ちなみにオトーリを回す方向は時計回りと反時計周回りがあって、一応の由来と作法があったりします。(漁師のオトーリは「大漁回り」の反時計回り等)

8.最後の子まで繰り返し

上記5〜7が親以外の全ての子に対して1回ずつ行われます。

9.締め

子全員に飲ませ終えた親は、自分のオトーリに付き合ってくれた感謝を述べ、さらに追加の口上があればそれを述べ、締めの挨拶を行って次の親を指名します。
誰を指名するかは完全に親の好みで決まります。ここも割とテキトーです。

10.次の親へ

ここまでが親1人分のサイクルです。

11.エンドレスリピート

以上のことを延々と繰り返します。
終わりはありません。
強いて言うなら、飲める人間が2人未満になり親と子が作れなくなった時が終わりです。

オトーリのデメリット

宮古島で飲み会が始まるとほぼ確実にオトーリが行われ、オトーリが始まれば泡盛というアルコール度数の高いお酒を大量に延々と飲まなければいけません。

仲間内や友人同士でならばいいのですが、上下関係のある職場やビジネスの席でオトーリが行われるとどうしても「断れない雰囲気」が強く出てきます。
「飲めなかったら飲まずともよい」というルールが一応は存在しているはずですが、「親の言うことは絶対」「親が注いだら飲み干さねばならない」という雰囲気になることが多く断りづらい状況になりがちです。
言わずもがなアルハラ(アルコールハラスメント)の温床となっており、飲めない人にとっては相当に危険な風習です。

2015年の宮古病院において、肝硬変と診断された人の75%がオトーリの影響だと判明しました。
これは沖縄県の40%、全国平均の13%をぶっちぎりで大きく上回る数値です。
「飲酒は肝臓に悪い」というのは周知の事実ですが、それが如実に分かる例です。

オトーリの歴史

オトーリの起源は16世紀の琉球で流行した中国式の乾杯だと言われています。
当時貴重品であった泡盛を酒宴の参加者に均等に分けるために生まれたようです。
これが御嶽での祭祀の中に取り入れられ現代まで残ったと考えられていますが、祭祀の時に行われるオトーリは現在普及しているオトーリとは根本的に異なるものでした。

1971年、宮古島で大干ばつが発生し、生活が困難になる中で沖縄本島に移住する人が増加しました。
宮古島は急激に過疎化し、従来の共同体で行われていた祭りなどが廃れ、人口減も手伝い泡盛の消費量が減りました。

1970年代後半、そうした窮地に陥った泡盛の酒造メーカーは、泡盛の消費量を向上させるために、風習にあったオトーリをかなり変形させて居酒屋でも行えるものにしました。
つまり現代の宮古島で普及しているオトーリは、泡盛の消費量を増やす目的で流行させられたもの、と言えます。

オトーリの現在

さすがに現在では各方面から問題視する声が大きくなり、宮古島の人の中でも自重する雰囲気が生まれてきています。
「島外の人や観光客にはあまり強く勧めない」「本当に飲めない人は口をつけるだけでいい」等、飲める人だけが飲むというスタイルに移行しつつあるようです。

とはいえ、宮古島の人同士では依然として人気なもようです。

オトーリに参加する時に気をつけること

飲めない場合は前もって言っておく

先に「お酒が飲めない」と言っておけば、強制されることは(あまり)ありません。

泥酔する前に逃げる

宮古島でもトップクラスに大量のオトーリを回すことで有名な職業は「漁師」の方たちらしいですが、そのうちの一人から伺った方法です。

場が盛り上がってきて大量のオトーリが回るようになって、そろそろ自分はヤバいなと思ったら、「話のわかる人に自分の分の飲み代のお金を渡してこっそり店を出る」「トイレに行く振りをして帰る」「ちょっと電話してくる」「風に当たってくる」「海を見てくる」「世界を救う」等なんでもいいので「こっそりその場から逃げる」という最終奥義を炸裂させれば全てうまくいくそうです。

みんな酔っ払っているので誰がいついなくなったかなんて覚えていないし、あからさまにいなくなったとしても最低限飲み会の雰囲気を壊さずきちんと割り勘分を払っていればOKという話でした。

まとめ

オトーリは気心の知れた仲間同士や友人同士など、融通のきく間柄で行えば楽しい飲酒法になります。
宮古島に旅行して泡盛を飲む際は、節度を守ったオトーリを楽しんで南国の夜を満喫してください。

-宮古島観光・移住
-

関連記事

ルートビアという沖縄でしか飲めない炭酸飲料が異次元すぎる

日本では沖縄でしか飲めない、アメリカの炭酸飲料「ルートビア」。 ネットで検索すると「ルートビア まずい」が第一の検索候補に挙がるほど味がアレらしいので、実際に沖縄に行って飲んできました。 ルートビアの …

宮古島移住者のネット環境はモバイルルータ+YAMADA SIMが最適!

沖縄移住希望者にとって重要な疑問のひとつに「ネット環境はどうなのか?」というものがあります。 光回線の高速インターネットライフを送ってきた方にとっては切実な問題です。 今回は、宮古島に移住して気づいた …

沖縄のトイレと本州のトイレは違う。掃除は超豪快に行われます

何かと大らかな沖縄。 トイレやその掃除法においてもその開放感はいかんなく発揮されます。 「トイレ丸ごと水洗い」という形で。 沖縄のトイレの特徴 本州のものと違い、沖縄のトイレは「タイル張り」「床に排水 …

宮古島の安くてボリュームのある定食屋「じんく屋」に行ってきた

宮古島の地元客に人気の高い定食屋「じんく屋」。 安価、大ボリューム、豊富なメニューが自慢のお店に行ってきました。 宮古島のお食事処じんく屋 「じんく屋」があるのは、西里西通りの「宮古島市公設市場」「う …

保良泉/保良川(ぼらがー)ビーチで自然の海とプールを楽しもう

沖縄宮古島の保良川(ぼらがー)といえば、カヤックや引き潮の鍾乳洞ツアーで人気のビーチです。 「鍾乳洞が探検できる」と有名なのでビーチの方は実はそれほど名が知られていません。 しかし、実は保良川ビーチは …