宮古島観光・移住

沖縄のトイレと本州のトイレは違う。掃除は超豪快に行われます

投稿日:

何かと大らかな沖縄。
トイレやその掃除法においてもその開放感はいかんなく発揮されます。
「トイレ丸ごと水洗い」という形で。

沖縄のトイレの特徴

本州のものと違い、沖縄のトイレは「タイル張り」「床に排水溝がついている」ものが多いです。

タイル張りで排水溝付きなんて、まるでシャワールームのようですね。

実際、沖縄ではユニットバス……というかユニットシャワー(トイレとシャワーが同一の空間)というトイレ兼風呂場の家も見かけます。
その場合、浴槽はありません。沖縄人は基本的にお風呂に入りませんので。

トイレのタイル上はスリッパを履いて移動しますが、すのこを敷く家庭もあります。

基本的に素足で利用できる作りになっている本州のトイレとは真逆ですね。

沖縄のトイレの掃除方法

さて、なぜタイル張りで排水溝があるトイレが多いのかというと、沖縄のトイレ掃除はトイレを水浸しにして行うため。
だいたい同じ空間内に洗面台やトイレ掃除用の蛇口があるため、そこからホースで壁や床に水をぶっ放し、デッキブラシで床掃除をするなどしてトイレを丸洗いします。

かなり豪快なこの掃除法は、アメリカの住環境にならったもの。アメリカで一般的だった構造のトイレが沖縄の家でも普及した結果のようです。
実際このような構造のトイレなら、台風・シロアリ対策でコンクリート作りの沖縄の住居にも馴染みますし、設置・回収・修理時も安価に抑えられます。

掃除の時には何かと便利ですね。

まとめ

本州の人からすると「いかにもトイレ」感あふれるタイル張り排水溝の沖縄式トイレは何となく抵抗を感じるようですが、逆に沖縄の人からすると「丸ごと水洗いできないトイレなんて不衛生」とフローリング床の本州式トイレに抵抗を感じる人が多いようです。

ぼくは宮古島でユニットシャワー、タイル張りの個室トイレ、どちらも利用したことがあるのですが、確かに水をぶっかけて丸洗いできるのは便利だと感じました。
利用する際も特に気にならなくなります。
慣れます。

最近は沖縄でも「丸洗いできないタイプのトイレ」の住宅が出て来ているので、移住する際は引越し先のトイレの様子をきちんと確認することをおすすめします。

-宮古島観光・移住
-

関連記事

宮古島のスナヤマカフェで極上のスイーツを堪能しよう!

海が美しい沖縄の宮古島。 その中でもトップクラスに美しいビーチの近くにカフェがあったら、寄り道してスイーツを食べたくなるのが自然の思考です。 砂山ビーチという宮古島屈指の絶景ビーチの近くに店を構える「 …

宮古島海宝館について簡単に解説します

人工物の少ない宮古島南東部に建つ大きめの複合施設。 美しい海のパノラマを見下ろすその場所にある「海宝館」に行って来ました。 海宝館とは 海宝館は、宮古島南東の保良川ビーチ入口にある地域一体型観光エリア …

沖縄では「みそ汁定食」が一般的。味噌汁はおかず

「みそ汁定食」500円。 沖縄のあちこちで見かける、こんなメニュー。 「みそ汁の定食?」「なぜこんなに高いの?」 沖縄のみそ汁は、本州で見られる「味噌汁」とはまったく違う別物なのです。 沖縄のみそ汁は …

宮古島が誇る大絶景!東平安名崎に行ってみた

沖縄の宮古島といえば絶景の海で有名です。 今回はそんな宮古島でも指折りの景色の美しさを誇り、観光スポットとしても絶大な人気を博す「東平安名崎」をご紹介します。 東平安名崎(ひがしへんなざき)とは 東平 …

宮古島のケンタッキーフライドチキンに行ってきました

KFC。ケンタッキーフライドチキンでお馴染みのファストフードチェーン店。 沖縄では非常に愛されるケンタッキーを食べなければ沖縄移住者として失格なのではという思い込みから、宮古でたったひとつのKFC店舗 …