宮古島観光・移住

沖縄では天ぷらがおやつ扱いになっている

投稿日:

天ぷらといえば美味な高級料理として知られる一品。
しかし沖縄では少し事情が違います。
1個50円以下で売っているおやつ。
長きにわたり安いスナック菓子感覚で愛されているのが沖縄の天ぷらです。

天ぷらとは

魚介類・野菜などの食材を、卵や溶き汁に浸し、小麦粉にあわせて油で揚げた料理。
日本を代表する料理で海外からの評価も高い。

スーパーやコンビニで安価な惣菜として売られている一方、専門店において高級品として扱われることも多い。
天丼・天ぷらそば・アイスクリーム天ぷらなど派生料理は多岐にわたり、沖縄においては「サーターアンダーギー」という名の砂糖天ぷらが特に有名。

その歴史は古く、16世紀に南蛮料理を原点として誕生した「長崎天ぷら」が17世紀に関西にわたり、江戸に伝わったとされる。
特に江戸では天ぷら屋台が存在し庶民の味として親しまれていた。

「てんぷら」の語源は諸説ありすぎるが、とりあえずポルトガル語由来っぽいもよう。

達人曰く「天ぷらは揚げ物ではなく蒸し料理」。
衣の中に素材を密閉して蒸すかたちでの加熱が他の料理にはない特徴だとか。

沖縄の天ぷら

沖縄県における一般的な天ぷらは、衣に味がついています。
本州のサクサクカリッとした天ぷらに比べると、衣は厚くもっちりしており、華美というよりは素朴な仕上がり。
具材は白身魚、イカ、野菜などが主流であり、味のついた衣とあわせて「おやつ」「スナック」のような感覚で食されるのが普通です。
ひとつひとつは小さいですが非常に安価で天ぷら屋が街のいたるところにあるため、子供や学生たちを始め地元沖縄県民の方々にとって昔からの人気商品となっています。

沖縄で天ぷらを買ってみた

そんなわけで実際に沖縄の宮古島で天ぷらを買ってみました。
今回訪れたのは宮古島での屈指の人気天ぷら店「くになか食堂」。

テイクアウト用の入り口を入るとすぐに受付です。
天ぷらの具材は魚・イカ・野菜のいずれか。
3個で100円という衝撃の安さ。
天ぷら1個33円!

この安さも地元民のみなさんに愛される理由のひとつなのでしょう。

天ぷらは紙袋に入れられ、さらにそれをビニール袋に入れられます。
これなら天ぷらの油で手がべたつきませんし、持ち運びも便利ですね。
実際、沖縄では天ぷらを食べ歩く学生を見かけます。

ひとつひとつのサイズは一口あるいは二口サイズでかなり小ぶりですが、揚げたて熱々ホクホクもちもちした甘い衣で食べるイカ天ぷらや野菜天ぷらの美味しさの前では気になりません。
軽く食べられるのでどうせなら15個くらい買っておけばよかったです。それでもたったの500円。ここが楽園か……。

沖縄天ぷらの価格はひとつ30〜60円程度。
高い買い物ではないので、旅行で行かれた際は気軽に沖縄の味を楽しんでみてください。

-宮古島観光・移住

あなたにおすすめの記事

関連記事

宮古島の「茶音間」で絶品のスパイスカレーを食べよう!

「せっかく沖縄の宮古島に来たのだから、ちょっと変わったものを食べたい」とお思いなら、とっておきのお店があります。 カレーカフェ「茶音間(ちゃのま)」。 宮古島の北部にひっそりと居を構えるその店舗は、お …

スマホの防水ケースで水中撮影するのは無理がありました!

海といえば海水浴。シュノーケリングにダイビング。 友人や家族との貴重なワンショットを残すため、水中で写真撮影できるようにスマホを防水ケースに入れて撮影に臨む人は多いかと思います。 しかし、スマホの防水 …

宮古島の吉野海岸で世界最高峰のシュノーケルを楽しもう!

青い空、白い雲、透き通る海、色とりどりの魚たち——。 そんな夢のようなビーチが沖縄にあることをご存知ですか? 今回は、沖縄の宮古島でもひときわ美しいビーチである「吉野海岸」をご紹介します。 超おすすめ …

伊良部島の大主神社は美しいけど超マイナー

宮古島を旅行しているとやたら目にする「大主神社」。 池間島の大主神社は有名なのですが、伊良部島の大主神社はあまり知られていません。 「伊良部島観光案内マップ」的な看板でもいちおう存在は示されているので …

来間島の秘境「来間ガー」に行ってきた

来間漁港の横の道に、ひっそりとたたずむ隠れた史跡「来間ガー」。 ガイドブックにも載っていない人知れぬ秘境をご案内します。 目次1 来間ガーの概要2 写真で見る来間ガー3 まとめ 来間ガーの概要 「ガー …