宮古島観光・移住

なぜ沖縄の人は雨でも傘をささないのか?

投稿日:

沖縄の人は雨でも傘をさしません。
どうして濡れるのに傘をささないのでしょうか。
本州出身者が一度は驚くカルチャーショックとして有名なこの習慣を調べてみました。

沖縄の人は雨が降っても傘をささない理由

すぐに止むから/止むまで待つから

気候的に「亜熱帯」に属する沖縄の雨は、そのほとんどがスコールです。
フィリピンなどの東南アジアでも特有のこの雨は、突然くもって急激に降ってすぐに止む夕立のようなものです。
なんなら8割がた晴れていて青空も太陽もまぶしいのにいきなり雨が降ってきたりします。そしてすぐ止みます。

待っていればすぐ止むので、雨のなかわざわざ傘をさして出歩く理由がないのです。
スコールが来たらみんな軒先や家の中、屋内に入って雨宿りをします。
雨が激しいなら雨宿りをすればいいので、傘をささなくてもよくなるのです。

「雨で遅れました」という理由で遅刻が許されるから

沖縄では、「待ち合わせ」に遅れることは基本的に許されます。
というかみんな遅れてきます。
仕事の会議やビジネスのアポイントですらも、あらゆる「待ち合わせ」「約束」は時間通りには始まりません。なんならドタキャンされたりします。

台風やスコールといった自然災害が多いことに加え、南国特有の「急がなくて大丈夫」「遅れてもお互い気にしない」という風土がなせるこの環境下では、「雨がひどかったから遅れた」という理由が電車遅延以上の正当性をもって堂々と使用できます。

雨のなか傘をさして急ぐ必要がない。たとえ仕事でも。
東京でサラリーマンをやっていた頃のぼくからすると夢のようです。

濡れてもすぐ乾くから

スコールに遭遇したら雨宿りをしますが、そうでない長続きのしとしとと降る雨の場合はどうするのでしょうか。

ぼくの実感ですが、沖縄の人はスコール以外の雨だったら体が濡れるままにまかせて外を歩きます。
特に走ったりしません。雨の中を悠然と闊歩します。
沖縄移住初期は、この有様を見て今自分が感じている雨は錯覚なのだろうかと疑ったりしました。

沖縄の人は、少々の雨(本州基準でいうと10割の人が傘をさし始めるレベルの雨)では傘をさしません。
濡れて歩きます。
どうせすぐに止んで強烈な太陽光で乾くからです。
一度やってみましたが、本当にすぐ乾きました。

これならわざわざ傘をささないのも納得です。

天気予報が当たらないから

傘をさす/ささない以前の問題として、「そもそも傘を持っていない」という状況が沖縄では多いです。
日に何度も快晴とスコールを繰り返すような日がある亜熱帯地域では、その日雨が降るのかどうかの予測すら極めて困難です。
当然のように天気予報は当たりません。
誰も「今日雨が降るかどうか」なんてわからないのです。

そんなわけで、みんなだいたい傘を持たずに出かけます。
なので出先で雨に遭遇しても、そもそもさす傘がないというわけです。
雨が降ったところで特に困ることはないので、ますます傘を持って出かけるという理由がないことになります。

面倒だから

沖縄人は基本的に面倒なことが嫌いです。
料理も基本的に手軽で豪快なものが多いです。

なので、「傘を携行する」「折りたたみ傘を持って歩く」という行為自体がなんぎ(めんどくさい)なので誰もやらないわけです。
基本的にみんな手ぶらで歩きますから。

車で移動するから

ここまで長々と書いてきましたが、一番の理由はこれです。
沖縄は超車社会です。あらゆるところに車で行きます。徒歩3分のコンビニだって車で行きます。1家に最低2台のは車があります。駐車場なら唸るほどあります。そのへんの広大なスペースに停めればいいんですから。

そんなわけで、私事にしろ仕事にしろ、ほぼすべての場所への移動がドアツードアで完結します。
「屋内→車内→屋内」の移動で平日も休日もこなせるので、そもそも雨に降られて困ることがないのです。

電車通勤が当たり前で、徒歩で移動するしかなかった東京と比べると……確かに雨が降っても全く困らない沖縄はとても楽です。
運動不足に悩まされますが。

まとめ

沖縄の人たちは傘をさしません。
傘をささなくてはいけないような、「濡れてはいけない」「遅れてはいけない」「歩かないといけない」という状況が発生しないからです。

沖縄に移住してからというもの、傘の存在を忘れました。
いつも身軽に出歩けるので開放感にあふれています。
やっぱり沖縄はいいですね。

-宮古島観光・移住
-

あなたにおすすめの記事

関連記事

オトーリとは何か?宮古島の恐るべき飲酒文化を徹底解説

オトーリ。宮古島に行くと必ず聞くこの言葉。 これは宮古島に伝わる独特の飲酒法のことで、一言で言うと「ヤバい酒宴スタイル」です。 何がどのくらいヤバいのか、ヤバいことで有名な飲酒文化オトーリとは一体何な …

宮古島の「島尻のマングローブ林」は希少な自然に出会える大公園

マングローブ。 海外においては有名な自然植物群ですが、実は日本にも生のマングローブに触れられる場所があります。 そのひとつが沖縄宮古島の「島尻マングローブ林」。 国内でも貴重な宮古島の自然に触れてみま …

沖縄語の「だからよー」「だからねー」は最高難易度の相槌である

沖縄で過ごしていると、現地の人同士の会話に「だからよー」「だからさー」「だからねー」「だからなー」といった言葉が頻出することに気づきます。 「だから」の後に文章が続くわけでもなく、ただ相槌のように使わ …

沖縄限定のハンバーガーチェーン店「A&W」に行ってきました

日本では沖縄にしか店舗がない、アメリカンハンバーガーチェーン店「A&W」。 「オール・アメリカン・フード」と銘打たれるそのキャッチコピーが示す実態とは? ウワサに名高い「おかわり無料のルート …

沖縄には花粉症がない!移住したら天国が待っている

沖縄の宮古島に移住してしばらく経ちました。 東京にいた頃は、毎年のように春先の強烈な花粉に悩まされておりました。 ぼくは重度の花粉症でしたので。 しかし沖縄ではそんな悩みとはお別れです。 そう、沖縄に …