宮古島観光・移住

沖縄の人は寒がり?冬は20度でもダウンジャケット着用

投稿日:

冬の沖縄に旅行してみると、特に厚着は必要ない温度なのにやたらと暖かそうなダウンジャケットやコードを着込んでいる人たちを見かけます。
沖縄の人たちはそこまで寒がりなのでしょうか?
実はその原因には、冬の沖縄ならではの特性がありました。

なぜ暖かいのにダウンジャケット?

沖縄の冬の平均気温は17〜18℃。
日中は20度を超える日も多く、薄手の長袖でも十分外出できる気温です。
冬の本州から来た人ならば、なぜそんなに寒そうにしているのかと不思議に思うかもしれません。
その理由とは。

ファッションを楽しみたい

常夏として知られる沖縄は冬も暖かく、雪が降ることも極めてまれで、2016年1月の沖縄本島(那覇)で観測史上初めての雪(みぞれ雪)を観測したほど。

それくらい暖かい冬なので、厚手のダウンジャケットがどうしても必要になるわけではありません。

ではなぜ着るのか。
理由の一つに、「冬のファッションを楽しみたい」というものがあります。
基本的にTシャツ一枚で1年の多くを過ごせてしまう沖縄では、北海道を始めとする雪国に漠然とした憧れを持つ人が多いです。北海道の人が沖縄に憧れるのと一緒ですね。
そのため、少しでも寒い季節になるとみんなユニクロでダウンジャケットやコートを買いに行きます。
服装が代わり映えする唯一の時期なので、ファッションを重視するのも頷けます。

また、「重ね着がめんどうだから」という理由もあるようです。
確かに「少し寒い日」と「かなり寒い日」で重ね着のパターンを変えるのはめんどうなので、厚手の外着一枚用意すれば何とかなりそうな気もしますね。
Tシャツにダウンジャケット、というアメリカンスタイルな構成で外出する人も多いです。

体感温度が寒い沖縄の冬

沖縄の風速は常に強く、平均的に風速7〜8メートルの風が吹きます。
風が強いため、冬は見かけの気温より体感温度が寒く感じます。
風をシャットダウンして体温を保つダウンジャケット等はこういった理由からも好まれます。

沖縄に住むと寒さに弱くなる

沖縄に移住すると本当に寒さに弱くなります。というか、慣れなくなります。
本州では寒さに強かったのに沖縄で長く過ごすうちに「15度を下回るとかなり寒い」と感じるようになります。
人のみならず魚も寒がりで、水温が急激に12度くらいに低下すると仮死状態になって水面に浮いてくるのだとか。

まとめ

確かに沖縄人は寒さに対し敏感な面もありますが、冬はとにかく風が強いので防寒着・防風着は生活上必須レベルです。

とはいえ冬の本州から旅行で来る方に寒さの心配は要らないでしょう。
「沖縄の最高気温が地元の最低気温」という場合がほとんどですから。

-宮古島観光・移住

あなたにおすすめの記事

関連記事

宮古島の超おすすめ弁当屋「ちゅらさん」で3食1,000円の日々を送ろう

宮古島で最もおすすめの弁当屋はどこか? 安くて美味くて量が多い弁当はどこで売っているのか? その答えは「ちゅらさん」です。 激安なのに美味でドカ盛り、ラインナップも超豊富。 今回は沖縄の宮古島の隠れた …

沖縄限定のエナジードリンク「パワーギア」を飲んでみた

ある地域にしか存在しない「限定品」というものは、我々日本人の心を強く打ちます。 全国的にも人気の高い沖縄の限定ドリンクも、そのご多分に漏れることはないでしょう。 というわけで沖縄で見つけたシュールな限 …

沖縄限定のハンバーガーチェーン店「A&W」に行ってきました

日本では沖縄にしか店舗がない、アメリカンハンバーガーチェーン店「A&W」。 「オール・アメリカン・フード」と銘打たれるそのキャッチコピーが示す実態とは? ウワサに名高い「おかわり無料のルート …

沖縄で外出する時はファッションを投げ捨てよう

どこまでもまぶしい日が照りつける沖縄。 「焼けつくような」と言ったほうが近いかもしれません。 本州から沖縄に来た人が太陽に浴びるとほぼ「痛い」と感じます。 赤道に近いため、紫外線の量もハンパではない沖 …

宮古島の吉野海岸で世界最高峰のシュノーケルを楽しもう!

青い空、白い雲、透き通る海、色とりどりの魚たち——。 そんな夢のようなビーチが沖縄にあることをご存知ですか? 今回は、沖縄の宮古島でもひときわ美しいビーチである「吉野海岸」をご紹介します。 超おすすめ …