宮古島観光・移住

沖縄の人は寒がり?冬は20度でもダウンジャケット着用

投稿日:

冬の沖縄に旅行してみると、特に厚着は必要ない温度なのにやたらと暖かそうなダウンジャケットやコードを着込んでいる人たちを見かけます。
沖縄の人たちはそこまで寒がりなのでしょうか?
実はその原因には、冬の沖縄ならではの特性がありました。

なぜ暖かいのにダウンジャケット?

沖縄の冬の平均気温は17〜18℃。
日中は20度を超える日も多く、薄手の長袖でも十分外出できる気温です。
冬の本州から来た人ならば、なぜそんなに寒そうにしているのかと不思議に思うかもしれません。
その理由とは。

ファッションを楽しみたい

常夏として知られる沖縄は冬も暖かく、雪が降ることも極めてまれで、2016年1月の沖縄本島(那覇)で観測史上初めての雪(みぞれ雪)を観測したほど。

それくらい暖かい冬なので、厚手のダウンジャケットがどうしても必要になるわけではありません。

ではなぜ着るのか。
理由の一つに、「冬のファッションを楽しみたい」というものがあります。
基本的にTシャツ一枚で1年の多くを過ごせてしまう沖縄では、北海道を始めとする雪国に漠然とした憧れを持つ人が多いです。北海道の人が沖縄に憧れるのと一緒ですね。
そのため、少しでも寒い季節になるとみんなユニクロでダウンジャケットやコートを買いに行きます。
服装が代わり映えする唯一の時期なので、ファッションを重視するのも頷けます。

また、「重ね着がめんどうだから」という理由もあるようです。
確かに「少し寒い日」と「かなり寒い日」で重ね着のパターンを変えるのはめんどうなので、厚手の外着一枚用意すれば何とかなりそうな気もしますね。
Tシャツにダウンジャケット、というアメリカンスタイルな構成で外出する人も多いです。

体感温度が寒い沖縄の冬

沖縄の風速は常に強く、平均的に風速7〜8メートルの風が吹きます。
風が強いため、冬は見かけの気温より体感温度が寒く感じます。
風をシャットダウンして体温を保つダウンジャケット等はこういった理由からも好まれます。

沖縄に住むと寒さに弱くなる

沖縄に移住すると本当に寒さに弱くなります。というか、慣れなくなります。
本州では寒さに強かったのに沖縄で長く過ごすうちに「15度を下回るとかなり寒い」と感じるようになります。
人のみならず魚も寒がりで、水温が急激に12度くらいに低下すると仮死状態になって水面に浮いてくるのだとか。

まとめ

確かに沖縄人は寒さに対し敏感な面もありますが、冬はとにかく風が強いので防寒着・防風着は生活上必須レベルです。

とはいえ冬の本州から旅行で来る方に寒さの心配は要らないでしょう。
「沖縄の最高気温が地元の最低気温」という場合がほとんどですから。

-宮古島観光・移住

関連記事

沖縄の代表的料理ゴーヤーチャンプルーについて解説

沖縄といえばゴーヤー。ゴーヤーといえばゴーヤーチャンプルー。 沖縄の家庭料理として知られ、今や全国区ともなったゴーヤーチャンプルーについて解説します。 チャンプルーとは 沖縄方言で「まぜこぜにしたもの …

さんぴん茶とは何か?沖縄で愛されるお茶の魅力を解説

沖縄ではどこでも当たり前のように売られているが本州では全く見かけない謎のお茶「さんぴん茶」。 沖縄に旅行した人が1回は飲むであろうさんぴん茶の謎に迫ります。 さんぴん茶とは さんぴん茶とはジャスミン茶 …

宮古島のコーヒーカフェ「Majya(マジャ)」は隠れた名店だと思います

沖縄の宮古島に「カフェ」と名のつくお店は多いのですが、そのほとんどが軽食やデザート・スイーツを主体とする喫茶店です。 日頃からコーヒーをたしなむ方にとっては、宮古島はやや恵まれない土地なのかもしれませ …

1時間で完売!宮古島の超人気スイーツ店「cona」に行ってみた

沖縄宮古島にはケーキ屋が少ない。 2ヶ月ほど住んでみてそう感じています。甘党にはつらい島です。 しかし今回、地元の人に大絶賛されており、発売後1時間で完売する日もしばしばという超人気スイーツ店を見つけ …

沖縄には花粉症がない!移住したら天国が待っている

沖縄の宮古島に移住してしばらく経ちました。 東京にいた頃は、毎年のように春先の強烈な花粉に悩まされておりました。 ぼくは重度の花粉症でしたので。 しかし沖縄ではそんな悩みとはお別れです。 そう、沖縄に …