宮古島観光・移住

宮古島の「んまや〜」で美味しい宮古そばを食べよう

投稿日:

沖縄宮古島の南東部「城辺(ぐすくべ)」には、リゾートやホテル・海岸などが多く存在します。
しかし、ランチに利用できるお店が少ないのがちょっと困りもの。

今回は、その城辺近辺で大きな人気を博す宮古そば店「んまや〜」をご紹介します。

城辺の人気店「んまや〜」

店名の「んまやー」とは、宮古方言で「両親の元の実家(おばぁの家)」を指します。
地元客と観光客が交流できる空間にしたいとの思いで命名されたそうです。
一番人気は「とろとろ なんこつソーキそば」(700円)。
あっさりとした味わいのなかにもコクのあるスープと、トロトロに煮込まれたソーキが大好評らしいです。

nmaya1

県道390号線から少し入った場所に突如現れる「んまや〜」の店舗外観。

nmaya9

駐車場。
そこそこ広いので問題なく停められるでしょう。

nmaya7

nmaya6

nmaya8

nmaya5

お店の様子。
開放的なつくり。木製メインなので落ち着きます。
夏の暑い日差しから逃れられてほっと一息つける瞬間です。

ちなみにお昼時は猛烈に混みます。
シギラリゾートからほど近く、保良川ビーチ・吉野海岸・新城海岸という宮古島でもトップクラスに人気のあるビーチへの通り道にあるので、ここで腹ごしらえしてから海水浴に行くという人たちも多いようです。

nmaya2

メニュー。
一番人気の「とろとろなんこつそば」を始め、「がんそそば」「よくばりそば」「やさいそば」「なんこつソーキ丼」「とうふチャンプルー」「んまやーカレー」など豊富なラインナップ。
価格帯はいずれも700円前後。
人気店なのにこの安さはありがたいですね!

nmaya3

というわけで「とろとろなんこつそば(並)」(700円)を注文。

ボリュームはかなりのもの。
ガツンとパンチの効いたスープと歯ごたえあふれる麺が箸を進ませます。

そしてメインと言えば。

nmaya4

このトロットロのソーキ(なんこつ)!
噛めば噛むほどジューシー。
豪快かつ繊細な味付け。
これを食わずして何を食うのか。
人気があるのもうなずけます。

濃厚なスープと絶品のなんこつを大ボリュームでいただける「んまや〜」でお腹を満たし、宮古島の海に出かけましょう。

なお小食の方は小サイズを選んだ方がいいかもしれません。
がっつり食べたい方は、そばやどんぶりの単品に+150円のセット(漬物・ジーマミー豆腐・ジューシーor白米)をつけてみましょう。確実にお腹がふくれます。
コスパ的にも言うことなしのおすすめ店です。

地図・アクセス

んまや〜

沖縄県 宮古島市 城辺字友利130-3
宮古空港から車で20分

-宮古島観光・移住

あなたにおすすめの記事

関連記事

沖縄の和菓子「かるかん」は割と複雑だった

沖縄県民の方なら一度は口にしたことがある「かるかん」。 沖縄のお菓子として広く普及しています。 そのため一般にはあまり知られていないのですが、実は沖縄の「かるかん」は正確に言うと「かるかん」とは少し違 …

沖縄の湿度は高い!必ずしもカラッとした気候ではありません

「沖縄に移住した」と地元の友人に話すと「ハワイみたいにさわやかな南国で暮らせていいな」と言われるのですが、そんなことはありません。 「沖縄の湿度は低い」とよく勘違いされるのですが、実際の沖縄は全国有数 …

沖縄でおすすめのウォーターサーバーはアクアクララに決定!

森林や河川に乏しい沖縄では、綺麗な飲み水の確保は長年の課題です。 手軽で安いクリアウォーターが入手できる「ウォーターサーバー」が最近人気ですが、沖縄に住んでいる方が「ウォーターサーバー欲しい!」とお思 …

ハート岩と超美麗ビーチ!「純と愛」ロケ地に行ってみた

沖縄の宮古島には、綺麗なビーチ/美しい浜辺が多すぎます。 あまりにも多いのでどこがNo.1のおすすめビーチか非常に迷います。 しかし今回、その候補に間違いなく名乗りを上げられそうなビーチを発見しました …

ルートビアという沖縄でしか飲めない炭酸飲料が異次元すぎる

日本では沖縄でしか飲めない、アメリカの炭酸飲料「ルートビア」。 ネットで検索すると「ルートビア まずい」が第一の検索候補に挙がるほど味がアレらしいので、実際に沖縄に行って飲んできました。 目次1 ルー …