宮古島観光・移住

宮古島「とんかつ一番」で上品なとんかつを味わえる幸せ

投稿日:

宮古そばで有名な沖縄の宮古島。
旅行で来るときはいいのですが、いざ移住すると食べ慣れた料理が恋しくなります。
そう、たとえば「とんかつ」とか。

今回は宮古島で唯一の絶品とんかつ定食を味わえる「とんかつ一番」をご紹介します。

宮古島のおすすめとんかつ屋「とんかつ一番」

TSUTAYAやモスバーガー、ドコモショップ、auショップ、ショッピングセンターなどが近い距離に集まる繁華街的な場所に宮古島「とんかつ一番」はあります。

時刻は夕闇迫る19時前。
いい感じの夕飯時です。

入口。
恵比寿様っぽい銅像らしき何かがお出迎え。

店内の様子。

広くてかなり綺麗。内装自体が新しいのでしょうか、清潔感にあふれています。
静かで落ち着ける空間。高級料理店のような空気。

カウンター席。シックなダークウッド調のしつらえと奥のキッチンスペースがおしゃれかつアットホーム。

メニュー。
とんかつ定食、和風とんかつ定食、えびフライ定食、ひれかつ定食、チーズ巻き定食、チキンカツ定食、鳥フライ定食、カツカレー、チキンカツカレー、しょうが焼き定食など多彩なバリエーション。
中には定価2,350円の伊勢海老定食なども。

とんかつ定食。730円。
ご飯、お吸い物、たくあん、和え物、千切りキャベツにレモンにとんかつ、といったオーソドックスなメニュー。
全体的に上品な味付けです。
というか器の時点ですでに上品感がありますね。

メインのとんかつ。
揚げたてサクサクで一刻も早く食べたい。
写真なんか撮ってる場合じゃありませんでした。

テキトーにとんかつソースをかけて。

なんということでしょう……。
この柔らかそうな肉質。噛んだらサクサクカリカリと音がするような見事な衣。
実際に食べてみたら驚くほど柔らかくて感激しました。
ご飯が進むこと進むこと。
サクカリフワジューシー、これが本物のとんかつというものなのか。これまでの人生で「とんかつ」だと思い込んで来たアゴの運動に最適以上な固い肉を衣で包んで揚げた料理を何と呼べばいいのか途方に暮れてしまいます

これで730円ですから、もう毎日ここに来てもいいかなと思いました。

宮古島に移住してしばらく経ったらここ「とんかつ一番」に来てみてください。
オーソドックスな料理を上品なテイストで、コストパフォーマンス抜群のお値段にて味わえます。

場所・地図・アクセス

とんかつ一番
沖縄県宮古島市平良西里993-25

-宮古島観光・移住
-

関連記事

沖縄には湯船がない!?南国の意外なお風呂事情

沖縄に移住して驚いたことはいくつもありますが、その中のひとつに「家の風呂場に湯船が無くシャワーだけ」というものがあります。 なぜ沖縄には湯船がない住宅が多いのか。 ちょっと調べてみました。 沖縄の風呂 …

沖縄の宮古島で移住生活、始めました

青い空、白い雲、まぶしい太陽。南国の気候。あふれる開放感。ゆっくりと流れる時間。生活をつつむ波の音と風の声ーー。 2016年7月。 人にあふれる東京から、移住先としてトップクラスの人気度を誇る沖縄の宮 …

無添加が美味しい!宮古島「ジュース屋うる」のスムージーがおすすめ

南国といえば沖縄。沖縄といえばフルーツ。 沖縄で美味しいフルーツのスムージーなんか飲めた日は最高ですね。 砂糖や甘味料を大量に入れるお店がまだまだ多い現状、無添加系の店舗は貴重です。 今回は宮古島でも …

沖縄で「ちゃんぽん」を注文すると、麺料理ではなくご飯ものが出てくる

「ちゃんぽん」と聞くと「長崎の麺料理」を思い浮かべる人が多いでしょう。 実は沖縄の食堂には、必ずと言っていいほど「ちゃんぽん」のメニューがあります。 沖縄のちゃんぽんは、長崎のちゃんぽんと違って麺料理 …

地元で人気!昔ながらの宮古そば店「大和食堂」に行ってみた

現在の宮古島は空前の観光ブーム。 多くの店では伝統の「宮古そば」を旅行者向けにアレンジしています。 そんな宮古島にも、昔ながらのスタイルの宮古そばを提供し続けている店があります。 「大和食堂」。 昔な …