宮古島観光・移住

宮古島の子ども食堂「みゃーくがに」に行ってみましょう

投稿日:

忙しくてなかなか子供と一緒に満足な食事を取らせてあげられない……。
そんな宮古島のお母様方に朗報です。
宮古島で唯一存在する「子ども食堂」に行ってみましょう。

子ども食堂「みゃーくがに」

子ども食堂とは、ボランティアで運営されている食堂です。
一人親世帯の子ども・一人で食事をとる子どもとその家族を対象に食事を提供する食堂で、全国にいくつもの子ども食堂がオープンしています。
「みゃーくがに」は宮古島では初となる子ども食堂で、2016年3月にオープンしました。

貧困世帯や一人親世帯の子どもたちに食事の場を提供する子ども食堂は、母子家庭・シングルマザーが多い沖縄宮古島において地域の子どもたちの大切な場所となっています。

毎週土曜日・日曜日の12時〜14時の間で開店しており、子供は無料、保護者は1食200円と格安料金で食事をすることが可能です。

運営は障害福祉サービスを提供する株式会社ビザライ。
ちなみに「みゃーくがに」とは「宮古の宝(みゃーくくがに)」という宮古方言から命名されたそうです。

ボランティアで運営されているので市民の善意・支援が不可欠なのですが、この取り組みに多くの市民の方々が賛同し、協力を呼びかけると瞬時に10万円が集まるなど先行きは良好のもよう。

貧困世帯が80世帯あると言われている宮古島において、周囲が手を差し伸べて不安が解消される場所を目指しているこの場所は、毎週土日のお昼時に子供たちの声で賑わっています。

こども食堂「みゃーくがに」があるのは平良西仲宗根。
中心街を少し外れた場所です。
詳しくは最下部のマップをご覧ください。

外見はいたって普通の建物です。

入口にはこども食堂の説明書きが。

「子供食堂みゃーくがに」の名前の由来は宮古島の方言で宮古=みゃーく+宝=くがにを掛け合わし「みゃーくがに」となりました。
「ひとりで食べるご飯はおいしくない」。
家族そろって夕食をとる機会の少ない家庭や貧困のためにまともに食事がとれない子ども達がここへ気軽にやってきて温かさを感じてほしい。
「ご馳走さまでした!」という一人でも多くの元気な子どもの声を聞きたいなぁ…。
そんな想いを胸に子ども食堂がOPENします。

とのこと。

この日はメニューは冬瓜カレー、ソーメンチャンプルー、イモ天&いそべ揚げ、文学イモ、ポテトサラダ、モンテドールケーキ、オレンジ。

栄養バランスが整っており、量も種類も豊富なメニュー。そして美味。

食堂内の広いスペースにはいくつもの机と椅子が並び、お子さんとそのお母さんたちが一緒に食事を取っていたり、子どもたちがグループになって遊んでいたりしました。

宮古島で知り合ったとある母子家庭の方は、「毎週土日は子供連れで必ず来ている」「格安で昼食が取れるし、子供の友達も増えるから」「同じような状況のお母さん方とも懇意になれる」とおっしゃっていました。
食事だけでなく、親世代・子世代でのネットワーク形成や居場所作りといった側面もあるようです。

まとめ

子ども食堂「みゃーくがに」はボランティア運営です。
寄付・食材提供・ボランティアスタッフ等の地域住民の支援が何よりも必要とされています。
とても有意義なこの食堂を持続発展させていくために、ご興味のある方は一度ご連絡されてみてはいかがでしょうか。

子ども食堂「みゃーくがに」公式HP

地図・場所・アクセス

子ども食堂みゃーくがに
宮古島市平良字西仲宗根613-6

-宮古島観光・移住

関連記事

来間島の秘境「来間ガー」に行ってきた

来間漁港の横の道に、ひっそりとたたずむ隠れた史跡「来間ガー」。 ガイドブックにも載っていない人知れぬ秘境をご案内します。 来間ガーの概要 「ガー」とは宮古島の方言で「井戸」を指す言葉です。 昭和50年 …

沖縄では、台風の夜に居酒屋が満席になる

台風が来たらその晩は何をしますか? 多くの人は「さっさと寝る」が答えでしょう。 しかし沖縄ではちょっと事情が違います。 多くのウチナーンチュ(沖縄人)は、飲みに出かけます。 台風の日にこそ外出する沖縄 …

沖縄には湯船がない!?南国の意外なお風呂事情

沖縄に移住して驚いたことはいくつもありますが、その中のひとつに「家の風呂場に湯船が無くシャワーだけ」というものがあります。 なぜ沖縄には湯船がない住宅が多いのか。 ちょっと調べてみました。 沖縄の風呂 …

宮古島で障がい者支援を行う会社があるようです

それは夏のある日のこと。 宮古島のとある会社の関係者の方と知り合いになりました。 その会社の名は「株式会社ビザライ」。 沖縄の宮古島で障害者の自立支援や雇用・就労をサポートする会社です。 株式会社ビザ …

沖縄のトイレと本州のトイレは違う。掃除は超豪快に行われます

何かと大らかな沖縄。 トイレやその掃除法においてもその開放感はいかんなく発揮されます。 「トイレ丸ごと水洗い」という形で。 沖縄のトイレの特徴 本州のものと違い、沖縄のトイレは「タイル張り」「床に排水 …