宮古島観光・移住

宮古島の安くてボリュームのある定食屋「じんく屋」に行ってきた

投稿日:

宮古島の地元客に人気の高い定食屋「じんく屋」。
安価、大ボリューム、豊富なメニューが自慢のお店に行ってきました。

宮古島のお食事処じんく屋

「じんく屋」があるのは、西里西通りの「宮古島市公設市場」「うさぎや」「うまりずま」が立ち並ぶ大交差点を南西に少し入ったところ。

大きい看板が出ているので、それほど迷うことはないでしょう。

近くに駐車場はありませんが、路上駐車には寛容な風土なためか華麗に路駐して入店する方もちらほら。

店内。
絵に描いたような「地元の定食屋」感。
お昼時の開店のともに地元の方たちが押し寄せます。

メニュー一覧。
宮古そば450円という地元価格を中心に、焼きそば、野菜炒め、ゴーヤチャンプル、みそ汁定食、かつめし、チャーハンセット、オムライス、カレーライス、カツ丼、親子丼など600円前後のものが中心です。

人気の秘密は、この安さのもよう。

注文したのは650円のチャーハンセット。
宮古そば、半チャーハン、サラダにきゅうりの浅漬けがついてこのお値段。
見た目ではわかりづらいですが、かなりボリュームがあります。
お腹のすくお昼には最適です。

この安さでこのボリュームを味わえるのも人気の原因でしょう。

宮古そば。
宮古島ではオーソドックスな久松製麺の麺を用いたシンプルなスタイル。
薄味の自家製スープと味付けした三枚肉、宮古かまぼこと刻みネギ。
半ラーメン的な立ち位置かと思いきや、相当の量があるので腹持ちの良さは抜群。

有名店に比べれば味は「通常」といったレベルですが、クセがないので不可もありません。

半チャーハンとサラダ。
実に定食屋っぽい味。なんだか安心します。

きゅうりの漬物。
完全に計算外だったのですが、これが甘酸っぱくてめちゃくちゃ美味しかったです。
レシピが知りたい。

安くて量があって味もそこそこの定食屋「じんく屋」。
メニューが豊富なのも宮古島では売りになります。
職場が近くになったらお昼はお世話になりそうです。

「ゴーヤーチャンプルー」「トーフチャンプルー」などがあるので、沖縄への観光客の方も楽しめるかもしれません。

場所・地図・アクセス

じんく屋
沖縄県宮古島市平良下里84

-宮古島観光・移住
-

あなたにおすすめの記事

関連記事

沖縄限定のハンバーガーチェーン店「A&W」に行ってきました

日本では沖縄にしか店舗がない、アメリカンハンバーガーチェーン店「A&W」。 「オール・アメリカン・フード」と銘打たれるそのキャッチコピーが示す実態とは? ウワサに名高い「おかわり無料のルート …

宮古島の「茶音間」で絶品のスパイスカレーを食べよう!

「せっかく沖縄の宮古島に来たのだから、ちょっと変わったものを食べたい」とお思いなら、とっておきのお店があります。 カレーカフェ「茶音間(ちゃのま)」。 宮古島の北部にひっそりと居を構えるその店舗は、お …

宮古島の「島尻のマングローブ林」は希少な自然に出会える大公園

マングローブ。 海外においては有名な自然植物群ですが、実は日本にも生のマングローブに触れられる場所があります。 そのひとつが沖縄宮古島の「島尻マングローブ林」。 国内でも貴重な宮古島の自然に触れてみま …

宮古島にただひとつのマクドナルド店に行ってみた

ファストフードの王者マクドナルド。 日本はおろか世界中で同じハンバーガーを提供するグローバル経済の覇者。 今回は沖縄の宮古島に唯一存在するマクドナルド宮古島店に行ってみました。 目次1 日本で「2番目 …

来間島の秘境「来間ガー」に行ってきた

来間漁港の横の道に、ひっそりとたたずむ隠れた史跡「来間ガー」。 ガイドブックにも載っていない人知れぬ秘境をご案内します。 目次1 来間ガーの概要2 写真で見る来間ガー3 まとめ 来間ガーの概要 「ガー …