宮古島観光・移住

宮古島のバスはかなり不便。観光や旅行に行く前に知っておきたいこと

投稿日:

観光での移動手段といえばまず「バス」が思い浮かびます。
ここ沖縄の宮古島でも一応バスは存在します。
しかし限りなく不便なので、快適な宮古島旅行を楽しむためにはあまりおすすめできません。

宮古島のバス

宮古島市内の路線バスは、宮古協栄バス合資会社、株式会社八千代バス・タクシーにより運行されています。

平良市内を巡回する路線と、保良・比嘉・友利・嘉手苅・宮国など宮古本島南部に向かう路線、北の池間島へ向かう路線、西の伊良部島へ向かう路線があります。
平良港に大きなバスターミナルがあり、ほとんどの路線バスはここを運行区間に含めています。

miyabus1

宮古島の主要箇所をある程度は抑えており、一見すると利用するにあたり特に問題はないように見えます。

miyabus2

しかし。
この画像をご覧になって分かる通り、土・日・祝祭日と休校期間(春休み・夏休み・冬休み)には運休する便も多く、まともにバスが走るのは数時間に1本という頻度が大半です。

バス自体の本数が少ない上、観光スポットやホテルの近くに停留所が多いわけでもないため、仮に長時間待ってバスに乗ったとしても希望通りの場所へたどり着くためにはさらにタクシー等を使わなければなりません。

宮古島の路線バスの実情

そもそも宮古島を始めとする沖縄は車社会です。
電車が存在しない土地柄で、強烈な直射日光を避けて外出するべくほぼ全ての家庭が2台以上の車を有しています。
そう、沖縄県民は出かける時には確実に自家用車を使うため、バスに乗る必要が全く無いのです。
宮古島でも同じことが言えます。
なので宮古島の路線バスがかなり不便でも特に問題は起きません。
誰も乗らないので。

たまにバスが走っているのを見かけますが、だいたい無人か乗客一人二人というレベルです。

まとめ:宮古島では車をレンタルしよう

宮古島に電車は無いですし、バスもあてになりません。
旅行や観光で宮古島に行く際は、レンタカーで移動することを強くおすすめします。
条件によっては1日3,000円〜4,000円からレンタルが可能な車なら、宮古島のあらゆるホテル・観光スポットにストレスなくアクセスできます。
というかレンタカーを利用する観光客の方がほとんどです。

どうしてもバスを利用しなければならない場合は、事前に公式ホームページ等で時刻表を確認しておきましょう。

-宮古島観光・移住
-

関連記事

沖縄の和菓子「かるかん」は割と複雑だった

沖縄県民の方なら一度は口にしたことがある「かるかん」。 沖縄のお菓子として広く普及しています。 そのため一般にはあまり知られていないのですが、実は沖縄の「かるかん」は正確に言うと「かるかん」とは少し違 …

宮古島が誇る大絶景!東平安名崎に行ってみた

沖縄の宮古島といえば絶景の海で有名です。 今回はそんな宮古島でも指折りの景色の美しさを誇り、観光スポットとしても絶大な人気を博す「東平安名崎」をご紹介します。 東平安名崎(ひがしへんなざき)とは 東平 …

沖縄には花粉症がない!移住したら天国が待っている

沖縄の宮古島に移住してしばらく経ちました。 東京にいた頃は、毎年のように春先の強烈な花粉に悩まされておりました。 ぼくは重度の花粉症でしたので。 しかし沖縄ではそんな悩みとはお別れです。 そう、沖縄に …

沖縄のトイレと本州のトイレは違う。掃除は超豪快に行われます

何かと大らかな沖縄。 トイレやその掃除法においてもその開放感はいかんなく発揮されます。 「トイレ丸ごと水洗い」という形で。 沖縄のトイレの特徴 本州のものと違い、沖縄のトイレは「タイル張り」「床に排水 …

沖縄では天ぷらがおやつ扱いになっている

天ぷらといえば美味な高級料理として知られる一品。 しかし沖縄では少し事情が違います。 1個50円以下で売っているおやつ。 長きにわたり安いスナック菓子感覚で愛されているのが沖縄の天ぷらです。 天ぷらと …