宮古島観光・移住

宮古島で障がい者支援を行う会社があるようです

投稿日:

それは夏のある日のこと。
宮古島のとある会社の関係者の方と知り合いになりました。

その会社の名は「株式会社ビザライ」。
沖縄の宮古島で障害者の自立支援や雇用・就労をサポートする会社です。

株式会社ビザライとは

株式会社ビザライは、就労継続支援A型事業所として障がい者の自立を支援する会社です。

「就労継続支援A型事業」とは、通常の会社での雇用が困難な障がい者に就労の機会を提供し、職業訓練を行い、雇用契約を結び給料を支払いつつ、当事者の一般就労を目指すことを支援する事業のことです。

多くの障がい者の方達を支援するため複数の事業所が設けられています。
一般就労に向けての技術・知識習得のサポートをし、障がい者の方の自立を支え夢を叶えるための支援を行う「就労継続支援A型事業所 夢工房」。
児童発達支援・放課後デイサービス・保育所等訪問等の支援を行う「チャイルドサポートみやこ」。
精神の障がいの方のために、看護師が家庭を訪問して相談を受けたりリハビリを行う「訪問看護ステーションうららか」。
その他、地域活動支援センターとして発達障がい児や若年性認知症の受け入れも行いつつ、書道・パソコン教室などを開く「ふぁーかんだ」。

また、地域の子ども達への食事支援を行う「子ども食堂みゃーくがに」も運営しています。
関連:宮古島の子ども食堂「みゃーくがに」に行ってみましょう

体験談

実は冒頭で述べた「株式会社ビザライの関係者の方」とは、「就労継続支援A型事業所 夢工房」にて働く方です。

その方は以前、都会で会社員として働かれていたそうです。
しかし超長時間の残業やパワハラ、いわゆる「ブラック企業」の洗礼をモロに受け続け、精神を蝕まれうつ病になり退職しました。
その後も不眠などの状態が続いたそうですが、「なんか南の島行けば良くなる人多いよ。景色綺麗だし。時間ゆっくりだし開放的だし束縛されないし。沖縄の宮古島とか行ってみたら?」という割とざっくりした医師のアドバイスに従い、株式会社ビザライの就労継続支援を利用して転地療養がてら宮古島で働き始めたところ、なんと数年で不眠症が完治し睡眠薬なしで眠れるようにまで回復したとか。

というお話をされながらご本人は興奮冷めやらぬ調子で、「宮古島に来てよかった」と何度もおっしゃっていました。

まとめ

もう一度、夢を探してみませんか?
私たちがその為のお手伝いをします。
人生とはときめきのある挑戦なのだから。

株式会社ビザライのホームページのトップに書かれたメッセージです。
もしご興味がわいたら、公式HPを覗いてみるといいかもしれません。

株式会社ビザライ公式HP

-宮古島観光・移住
-

関連記事

宮古島では酒に酔って道路で寝る「路上寝」がすごく多い

「路上寝」。酔っ払って道路で寝ること。 アルコールの魔力が引き起こすフリーダムな行動な中でもトップクラスにクレイジーな一例。 「いやー宮古では路上で寝ちゃって車に轢かれて死ぬ人が多いんだよね」と宮古島 …

宮古島の家系ラーメン「天晴」で本州の味を思い出す

沖縄に移住して一ヶ月が経ちました。 ここ宮古島で麺類といえば「宮古そば」が圧倒的大多数ですが、たまには健康に悪いラーメンを食べたくなるのが人情というもの。 今回は、宮古島で家系ラーメンを堪能できるラー …

沖縄の運転マナーはやっぱり独特で南国感にあふれていました

沖縄の宮古島に移住して1ヶ月が経ちました。 車がないと生活が不便なので毎日のように運転しているのですが、そのうち沖縄の運転マナーは本州とかなり違うことに気づきました。 よくも悪くも南国らしい運転事情。 …

沖縄では1リットル紙パックの容量が946mlである

沖縄では紙パックのジュースやお茶に長いストローをさして飲む学生が多いですが、一見すると1リットル紙パックに見えるその容量は1リットルではありません。 946ミリリットルです。 いったい沖縄の地で何が起 …

沖縄のお墓は巨大。そして宴会用のスペースがある

やたらと大きいことで知られる沖縄のお墓。 あまりにも広いので十数人がピクニックのように集まって食事や宴会することもできます。 というか、そういう行事が実際にあります。 沖縄のお墓と独特の墓前供養文化に …