宮古島観光・移住

宮古島のコーヒーカフェ「Majya(マジャ)」は隠れた名店だと思います

投稿日:

沖縄の宮古島に「カフェ」と名のつくお店は多いのですが、そのほとんどが軽食やデザート・スイーツを主体とする喫茶店です。

日頃からコーヒーをたしなむ方にとっては、宮古島はやや恵まれない土地なのかもしれません。
と思っていたのですが、街中に堂々とコーヒーカフェが存在してました。
珈琲専門店「Majya(マジャ)」。
静かにゆっくりコーヒーを楽しみたい時におすすめのお店です。

ゆったり落ち着く宮古島の隠れ家カフェ「Majya」

「Majya」があるのは宮古島の中心部、平良(ひらら)。
交差点の一角にひっそりと店を構えています。

majya1

外観。宮古島ではかなり珍しいレンガ風造り。

majya2

看板。おしゃれ。

majya6

majya7

majya8

店内の様子。
基本的にやや暗めの照明で落ち着けます。

majya3

黒板メニュー。
こちらは持ち帰りのコーヒー豆。

majya4

メニュー2。
モカらしい風味と甘さが魅力のエチオピア産「モカ・レケンプティ」。
苦味の後のベリーの甘さが優しいコロンビア産「スィートベリーSUP」。
甘い香りとほのかな苦味、キャラメルのようなブラジル産「カラメリッチ」。
香ばしいチョコのような香りと爽快な苦味、グアテマラ産「アンティグア」。

どれも美味しそうですね!
なおぼくは苦いコーヒーが苦手なので甘いものにします。

majya5

メニュー3。スイーツ。
「月ヶ瀬紅茶シフォン」をめちゃくちゃ食べたかったのですが手持ち資金に余裕がなかったので断腸の思いで諦めました。
ATMでお金おろしとけばよかった。

majya10

ホットカラメリッチ。420円。

胃腸的にコーヒーが受け付けない体質なので、ただ苦いだけのコーヒーはものすごく苦手なのですが、これはほとんど苦味を感じないので飲みやすいです。
ああ、こういう路線のコーヒーがもっと増えればいいのに。

majya9

レーズンサブレ。120円。うまし。

というかコーヒーもお菓子も全体的に安いですね。
店内も雰囲気があってBGMがカフェっぽくて静かでのんびりできます。
何か作業したい時のカフェとしてもぴったりです。
実際ぼくはMacBook Proを持ち込んでカチャカチャターンしてました。
かっこよかったと思います。
たぶん。

宮古島ではとても貴重な美味しくて安いコーヒー専門店。
気分を変えたい時に訪れてはいかがですか?

地図・アクセス

珈琲専門店「coffee shop Majya」
沖縄県宮古島市平良西里448

-宮古島観光・移住
-,

関連記事

宮古島の子ども食堂「みゃーくがに」に行ってみましょう

忙しくてなかなか子供と一緒に満足な食事を取らせてあげられない……。 そんな宮古島のお母様方に朗報です。 宮古島で唯一存在する「子ども食堂」に行ってみましょう。 子ども食堂「みゃーくがに」 子ども食堂と …

懐かしい都会の味。宮古島の「はやてまる」は完全に新橋系ラーメンでした。

宮古島といえば「宮古そば」の本場。 沖縄そばの一種である宮古そばは、あっさりスープと細麺が特徴の、ラーメンとうどんの中間のようなそばです。 とても食べやすく腹持ちもいいので文句なしなのですが、あまりに …

これぞ沖縄。カフェ「新香茶」(あたらかちゃ)で癒される優雅なひと時を過ごそう

沖縄には、美しい海に面した眺めのよいオープンカフェが多いです。 とても魅力的ですが、それだけが「沖縄のカフェ」ではありません。 今回は、周囲を一面のさとうきび畑に囲まれ、ほっと気分が落ち着く宮古島のカ …

宮古島の家系ラーメン「天晴」で本州の味を思い出す

沖縄に移住して一ヶ月が経ちました。 ここ宮古島で麺類といえば「宮古そば」が圧倒的大多数ですが、たまには健康に悪いラーメンを食べたくなるのが人情というもの。 今回は、宮古島で家系ラーメンを堪能できるラー …

沖縄語の「だからよー」「だからねー」は最高難易度の相槌である

沖縄で過ごしていると、現地の人同士の会話に「だからよー」「だからさー」「だからねー」「だからなー」といった言葉が頻出することに気づきます。 「だから」の後に文章が続くわけでもなく、ただ相槌のように使わ …