宮古島観光・移住

宮古島が誇る大絶景!東平安名崎に行ってみた

投稿日:2016年9月4日 更新日:

沖縄の宮古島といえば絶景の海で有名です。
今回はそんな宮古島でも指折りの景色の美しさを誇り、観光スポットとしても絶大な人気を博す「東平安名崎」をご紹介します。

東平安名崎(ひがしへんなざき)とは

東平安名崎は宮古島の南東端に位置する岬です。
「東平安名岬」と書くことも。

宮古島を代表する観光地であり、与那覇前浜や池間島と並んでその景観の美しさで全国に名を知られています。国指定名勝のひとつ。
東シナ海と太平洋という2つの海を割るように伸びた岬の風景は圧巻の一言であり、その風光明媚なさまを一目見ようと毎年多くの観光客が訪れます。

隆起サンゴ礁の石灰岩から成り立つ長さ約2kmの細長い岬で、歩けるところは平坦ですが海岸は断崖絶壁でとってもスリリング。
あとものすごく強風が吹き荒れています。
風衝地特有の植物群落は沖縄の天然記念物に指定されています。

また、岬の先端には「日本の灯台50選」に選ばれた「平安名埼灯台(へんなざきとうだい)」があります。

東平安名崎に行ってみた

東平安名崎は島の南東の端にあります。
中心街の平良からは車で40分ほど。

higashihennazaki1

入り口の道路には「東平安名崎公園」の文字が。
灯台と合わせて東平安名岬は「日本の都市公園100選」にも選ばれるほどの景勝地なのです。

higashihennazaki2

看板を通り過ぎてもしばらく道は続きます。
前方に遮るものが何もなく、どこまでも続く道路。都会でドライブしていたら味わえないロード。

higashihennazaki3

何か見えてきました。
はるか先に見えるのは灯台、手前前方に見えるのは駐車場・休憩所です。

higashihennazaki4

駐車場。
トイレ、自動販売機が完備。
移動式パーラーでソフトクリームや氷ジュースを飲むのもいいですね。
この先、強烈な直射日光を遮る建築物はあまりありません。水分補給はしっかりと。

higashihennazaki5

駐車場の近くには公園が。
遊具間のスペースの取り方が尋常ではありません。これなら何十人で来ても大丈夫ですね!
屋外は死ぬほど暑いのでできれば遊びたくないですが。

higashihennazaki6

近くには保良漁港への下り道。
何かもうこの時点で海が綺麗です。
漁港の海が透き通ったコバルトブルーってどういうことですか! 楽園なんですか! 沖縄は! 宮古島は!

higashihennazaki7

文化財の石碑。
県指定の天然記念物「東平安名崎の隆起珊瑚礁海岸風衝植物群落」に関する記述です。いろいろと長い。
植物学上きわめて珍しい生態系が形成されているようです。

higashihennazaki8

さあ、いよいよメインの東平安名崎へ。
灯台までは徒歩10分ほど。
遊歩道を歩いて行きましょう。

ただ、晴れている時は日光がものすごくキツいです。
日陰がありませんので。
沖縄の強烈な紫外線を浴び続けるのはなかなか大変なものがあります。
どうすればいいんだ……!

higashihennazaki9

そんなあなたに人力車
片道500円、往復1,000円での利用が可能です。

歩くと思った以上に距離があるので、余裕があればご利用をおすすめします。

higashihennazaki10

歩きながらの景色もまた一興。

higashihennazaki11

道のそばに大きな岩があります。
これは何でしょう?

higashihennazaki12

どうやらこの岩はお墓みたいですね。
妻子ある男との恋に破れてこの岬から身を投げたという伝説で知られる絶世の美女マムヤの墓だそうです。
お、おう。

higashihennazaki13

灯台への道の半ばくらいにある休憩所。
日陰がありがたい。全力で休みましょう。
トライアスロンのロゴがありますが、宮古島トライアスロンと何か関係がある施設なのでしょうか。

higashihennazaki14

休憩所の様子。

higashihennazaki15

歩きながら臨む太平洋。

higashihennazaki16

higashihennazaki17

絶景。
沖縄に来てよかったと感じる瞬間です。

higashihennazaki18

撮影ポイントを横から撮った図。
絶壁と空と海。
シャッターを切れば写真家状態。

higashihennazaki20

灯台の碑。

higashihennazaki19

やっと着きました。
平安名埼灯台(へんなさきとうだい)。

塗色は白色、構造は塔形、材質はコンクリート、光達距離は18海里。
地上から灯火までの高さ23メートル、平均海面から灯火までの高さ43メートル。

日本でも有数の灯台です。
さっそく上ってみましょう。

higashihennazaki21

入り口。
灯台の説明が書かれています。
「太平洋と東シナ海を分かつ白亜の灯台」というやや文学的な表現に心揺さぶらる瞬間。

入塔料は200円です。

higashihennazaki22

エレベーターはないので階段を上ります。
のんびり行きましょう。

higashihennazaki27

頂上の灯室部分に着きました。
灯台の装置と円形の空間がプラネタリウムみたいでわくわくします。

higashihennazaki23

そして展望台からの眺めがこちら!
宮古島本島側(今まで歩いてきた方向)を臨みます。

higashihennazaki24

東シナ海側。

展望通路は灯台の外周に沿うように設置されており、灯台の周り360度を歩くように周囲の景色を見渡せます。
大絶景のパノラマ。

ただし風が果てしなく強いです。
加えて床部分にところどころ地面まで見下ろせる小さな穴が配置されており、高所恐怖症の方にとっては東京タワーのガラス床クラスの試練を味わえます。
風が強烈な分、こっちの方が怖いかもしれません。

higashihennazaki25

higashihennazaki26

太平洋側。

「周囲330度が海」というすさまじい風景。
水平線も丸く見えます。

higashihennazaki28

素晴らしい景色。
写真撮影にも最適。
宮古島に来たら絶対に一度は来るべき場所です。

higashihennazaki29

higashihennazaki31

higashihennazaki32

higashihennazaki30

「そうだ、沖縄 行こう」とかテキストを入れればポスターになりそうな景色。

higashihennazaki33

大パノラマを堪能できる絶景スポット「東平安名崎」でした。
ぜひ行ってみてくださいね!

アクセス・地図

東平安名崎/平安名崎灯台
沖縄県宮古島市 城辺保良

-宮古島観光・移住
-,

関連記事

宮古島の子ども食堂「みゃーくがに」に行ってみましょう

忙しくてなかなか子供と一緒に満足な食事を取らせてあげられない……。 そんな宮古島のお母様方に朗報です。 宮古島で唯一存在する「子ども食堂」に行ってみましょう。 子ども食堂「みゃーくがに」 子ども食堂と …

宮古島の穴場ビーチ「間那津海岸」は絶景のシークレットビーチ!

沖縄の宮古島にはシークレットビーチが多くあります。 なぜか知名度は低いけれど絶景が楽しめる穴場スポット。 今回は宮古島北部の「間那津海岸(まなつかいがん)」をご紹介します。 絶好の穴場ビーチ、間那津海 …

なぜ沖縄の家はコンクリート住宅が多いのか?

「沖縄の民家」と聞いてどのようなイメージが湧きますか? 開放的なつくり、赤瓦の屋根に鎮座するシーサー、木材の柱、琉球畳、そして石垣……。 このような感じの古来の琉球文化が根付いた情緒豊かな古民家を想像 …

宮古島の超おすすめ弁当屋「ちゅらさん」で3食1,000円の日々を送ろう

宮古島で最もおすすめの弁当屋はどこか? 安くて美味くて量が多い弁当はどこで売っているのか? その答えは「ちゅらさん」です。 激安なのに美味でドカ盛り、ラインナップも超豊富。 今回は沖縄の宮古島の隠れた …

「沖縄人は海で泳がない」らしいけど本当なの?

本州に住む人間からすると「透明な海」というものはそれだけで至高の宝石のように思えます。 実際、沖縄で見た海は素晴らしい綺麗さでした。 ところが、地元沖縄の人たちに聞いてみると「海で泳がない」人が多数。 …