宮古島観光・移住

沖縄の運転マナーはやっぱり独特で南国感にあふれていました

投稿日:

沖縄の宮古島に移住して1ヶ月が経ちました。
車がないと生活が不便なので毎日のように運転しているのですが、そのうち沖縄の運転マナーは本州とかなり違うことに気づきました。

よくも悪くも南国らしい運転事情。
今回はそのことについてまとめました。

沖縄特有の運転マナー

急がない

ほとんどの人は急ぎません。
朝の出勤時間でもゆっくり走っています。
周りに車がまったく無く時速70kmで飛ばせそうな制限速度40kmの道路でも、律儀に制限を守ります。
後ろが明らかに詰まっていても、気にせず自分の速度で走行します。

中にはやたらと早い車もありますが、基本的に沖縄の人のドライブは非常にゆっくりとしたものが大多数です。

この「みんな比較的ゆっくり走る」というのが実に南国っぽくてぼくは大好きです。

絶対に煽らない/クラクションを鳴らさない

上の項目と関連するのですが、あまりにも遅く走っていてもいくら後ろが渋滞していたとしても、絶対に誰もクラクションを鳴らしません。
「早く行けよ」「邪魔だよ」「峠バトルするか?」みたいな煽りのパッシングも皆無です。
ペーパードライバーにとってこれほどありがたい環境もありません。
実際、宮古島に来た当初はずいぶん助けられました。

この「他の車を急かさない」という特徴も、「別にそこまで急ぐ必要はない」という価値観が根本にあるから生まれるようです。
台風やスコール、海風による塩害などで予定時間に合わないのは日常茶飯事。
事態の可避不可避を問わず、どうせみんな遅れてくるから急がなくてもいいという「常識」。
それらが特異な沖縄の運転事情を生み出すのです。

平日でものんびり出社。
日本とは思えないほどゆるやかな環境です。

ウィンカーは、たまに、出さない

基本的にみんなおおらかなので、運転もテキトーです。
テキトーなのはもちろん構わないのですが、たまにウィンカーを出さずに車線変更・右左折するというトリックプレーを決めてくる車があるので要注意です。
割とみんな車間距離を空けて運行するのはこれを警戒しているからなのではと思います。

基本的に譲ってくれる

こちらが徒歩で道路を横断しようとしている時は、多くの車が立ち止まって「どうぞ」と横断を勧めてくれます。
また、ちょっと入りにくい場所、出にくい場所で車が往生していたら、これも大体譲ってくれます。
「急がない」風土が生み出す南国の温かさですね。

信号のない交差点ではとりあえず突っ込む姿勢

沖縄の宮古島といった離島では、基本的に信号がとても少なく、かなりの数の交差点は譲り合いの十字路となります。
……ですが、必ず交差点前で一時停止するとはいえ、ほぼ確実に突っ込んできて急停止にしか見えない速度での一時停止なのは、とても心臓に悪いです。
最初の頃は交差点にさしかかるたびにビクッとしてました。
今でもあまり慣れません。

その他、大通りに合流するような道でも「とりあえず突っ込んで直前で急停止」という車は多いです。
「止まれば大丈夫な距離」を完全に把握しているゆえの行動でもありますが、そうですね、心臓に悪いです。

大胆に路上駐車

これです。
たぶん沖縄に来た人の9割が思う独特の風土。
沖縄は路上駐車天国です。

特に宮古島のような離島になると、もう大変です。
片側2車線の大通りは朝夕に限り片側1車線になります。
どこまでも路上に駐車している車が並ぶからです。
それだけならまだいいんですが、たまに反対車線に路駐とかいう異国情緒に溢れすぎた衝撃の光景を目にするので、一瞬意識が抜け落ちます。
でも誰も文句を言わない。パトカーはその横を通り過ぎていく。
これも楽園……と言えるでしょう。たぶん。

そもそも土地が余りまくっているので、「駐車場」という意識自体が希薄なようです。
家の前の道路にも路上駐車して自家用車を置きます。
ご近所さんに「レンタカー借りたいのですがどこか駐車場ご存知ないですか?」と聞いたら「ああ、あそこのだだっ広い空き地に停めればいいんじゃない? みんな勝手に停めてるし」という答えが返ってくる場所です。

テキトーすぎるけれど、やっぱり好きになる。
それが沖縄です。

まとめ

沖縄の運転マナーはフリーダムでした。
決して急がず車間距離をとって。レンタカーに乗る時は少しだけ注意してください。

-宮古島観光・移住
-,

あなたにおすすめの記事

関連記事

沖縄のお墓は巨大。そして宴会用のスペースがある

やたらと大きいことで知られる沖縄のお墓。 あまりにも広いので十数人がピクニックのように集まって食事や宴会することもできます。 というか、そういう行事が実際にあります。 沖縄のお墓と独特の墓前供養文化に …

ルートビアという沖縄でしか飲めない炭酸飲料が異次元すぎる

日本では沖縄でしか飲めない、アメリカの炭酸飲料「ルートビア」。 ネットで検索すると「ルートビア まずい」が第一の検索候補に挙がるほど味がアレらしいので、実際に沖縄に行って飲んできました。 目次1 ルー …

沖縄の和菓子「かるかん」は割と複雑だった

沖縄県民の方なら一度は口にしたことがある「かるかん」。 沖縄のお菓子として広く普及しています。 そのため一般にはあまり知られていないのですが、実は沖縄の「かるかん」は正確に言うと「かるかん」とは少し違 …

伊良部島の珍しい展望台「フナウサギバナタ」で綺麗なパノラマを楽しむ

宮古諸島でも人気の伊良部島にある展望台「フナウサギバナタ」。 展望台にしては珍しく、動物をかたどった建造物となっています。 羽を広げる渡り鳥とともに、コバルトブルーの絶景の海を楽しみましょう。 目次1 …

「飲みのシメにはステーキ!」沖縄宮古島で有名なステーキ店「レオン」に行ってみましたが…

「飲みのシメ」といえばラーメンですが、沖縄での飲みのシメはステーキです。 なぜかはわかりませんが、とにかくそれが伝統の模様。 今回は宮古島における「シメのステーキ屋」で有名な「レオン」に行ってステーキ …