セブ缶詰生活記

セブ缶詰生活5日目:Facebookでよく見る風景

投稿日:2015年4月23日 更新日:

サンプルデザート

起床してまず第一に身体の不調を感じました。
何となくダルい。
三食きちんと摂っていなかったツケが回ってきたようです。
とりあえずしっかり朝食をとりに行きましょう。

好き嫌いを無くそう

とは言え、お金がないのであまり選択肢がありません。
1階の食堂へ。
魚が食べたい気分だったので、80ペソのBANGSILOGを注文します。
注文時に必ず”coffee?”(コーヒー?)と聞かれるので”Yes”と答えていますが、何か深い意味でもあるのでしょうか。

とても甘いカプチーノ的な何か

コーヒーらしいのですが、実態はだだ甘カプチーノです。
これくらい甘ければ、高校時代に「珈琲は闇色の薫り」とかつぶやいて無理してブラックを飲んで毎回お腹を壊していた僕でもカンタンに飲めますね。

味のないソーセージセット

そしてBANGSILOGが出てきたはずだったのですが、どう見ても魚要素がゼロです。
まぁきっと僕の伝え方が悪かったのでしょう。
大人しくソーセージっぽい何かを食べます。
肉の味どころか何の味もしない食感だけソーセージですが、きっとまだ舌がフィリピン流に慣れていないだけです。

目玉焼きは大嫌いなのですが、少しでも栄養を摂るために頑張って食べました。
関連:極限状態に置かれたら26年来の食べ物の好き嫌いが治った話

架空の商品バニラ・アイス

サグバテルホテル裏口

しばらくホテルで仕事をしていたのですが、快適に仕事ができる空間を求めてSMモールへと出かけます。
ホテル裏口から出ていつも通りのスラムっぽい通りへ。

ついに止まったいすずのトラック

いつまでもどこまでも走っていたらフィリピンにまで来てしまったいすゞのトラックが郷愁をかきたてます。

道路の中央分離帯に干された洗濯物

道路の中央分離帯に干された彩り豊かな洗濯物が殺風景な一帯に花を添えます。

そんなワケでSMモールに到着しました。

昼食はジョリビー

昼食はジョリビー。
もっと栄養のあるものを食べなければいけないのに、なぜかここに来てしまいます。
ファストフードの魔力ですね。

スターバックス外観

昨日とは別のスターバックスへ。

スターバックスのメニュー

Full-Leaf Brewed TeaならTallとGrandeの値段が一緒です。
これはありがたいですね。もちろんGrandeでオーダー。

ブラックティー、すなわち紅茶

full-leaf black tea、100ペソ。
ホットで出てきたのは客席における冷房の寒さを予見したからであって決して僕の英語力の低さに起因する注文間違いではありませんという結論になりました。

それにしても午後のひと時をカフェで仕事しつつ過ごすというのはとてもオシャレですね。

Facebookでよく見るカフェからの風景

写真を撮ってから気づいたのですが、これ完全にFacebookでよく見るアングルですね。
「渋谷のスタバに来てます! 休憩代わりにドラッガーやカーネギー読んでます(笑) 起業アイデアをリストアップしてたらいつの間にか2時間経ってました(笑) 昔から夢中になるとトコトン突き詰めちゃうタイプなんですよね~」といったコメントもつけて投稿すれば晒し上げ目的で大量の「いいね!」がつくことでしょう。
ええ、どう見ても数年前の僕です。本当にありがとうございました。

サンプルデザート

仕事を始めて30分ほど経った時に、店員さんがサービスで試食用デザートをくれました。
どうやら店内全員に配っているもよう。
ビターなカカオテイストに時折潜む甘いチョコのカケラが瀟洒なテイストを醸し出します。
下層には歯ごたえが楽しいゼリー、中層には上品なカフェソフトクリーム、そして上層にはきめ細やかで丁寧な甘さのホイップクリームと彩り添えるワンポイントのココアパウダー。
穏やかな午後の優雅なひと時。
思わずポエミーになってしまいますね。

小景異情

数時間ほど仕事しました。
もう夕方なのでとっとと帰ります。
ホテル3階のレストランで夕食にしましょう。

ポークチョップ

Pork Chop – 120ペソ

野菜と魚の盛り合わせ

Sweet and sour fish – 120ペソ

肉メインの料理と魚・野菜の料理を注文します。
美味しいです。
味は問題ないのですが、合計240ペソともなると財布に響いてきます。
もっと安いところで食べなければいけないのかも……。
しかし、ホテルとSMモール以外の場所で食べるのはまだ怖いです。
来週くらいから本気出します。

シャワールーム

シャワーを浴びて早々に寝ます。
夜遅くなるとシャワー室には虫が大量発生するのでなるべくなら避けたいところです。

毎日水しか出ないシャワーを浴び続けていると、日本が強烈に恋しくなってきます。
温泉とか天国ですね。
熱いシャワーを浴びて熱い湯船に入れるのってものすごい贅沢なんだなと気づきました。
帰りたくて仕方ありませんが、まだ5日しか経っていないので気を引き締めて頑張っていきます。

本日の費用

朝食(ホテル1階)(たぶん)LONGSILOG – 80ペソ
昼食(SMモールJollibee)マッシュルーム入りハンバーガー+フライドポテト+コーラ – 99ペソ
Full-Leaf Brewed Tea(SMモールスタバ) – 100ペソ
夕食(ホテル3階) Breaded Pork Chop, rice With side dish and drinks – 120ペソ
夕食(ホテル3階) Sweet and sour fish, Rice With side dish and drinks – 120ペソ
宿泊費(Sugbutel Family Hotel) – 250ペソ

-セブ缶詰生活記

あなたにおすすめの記事

関連記事

セブ缶詰生活1日目:現実は厳しい

人間的な未熟さから、フィリピンのセブで2か月の引きこもり貧乏生活を送る羽目になりました。 詳細:1日2000円! フィリピンのセブで缶詰生活を始めました 日本で引きこもってモチベーションが上がらず悩ん …

coffee beanの内観1

セブ缶詰生活3日目:ただしイケメンに限る

冷風を遮るブランケットにくるまって寝たため、熟睡できました。 そして朝の6時、騒々しい周囲の音で目を覚ましました。 利用客の大部分をフィリピン人が占めるサグバテル・ファミリーホテルの2段ベッドが立ち並 …

can

1日2000円! フィリピンのセブで缶詰生活を始めました

2015年4月、26歳の僕は毎日家に引きこもっていました。 フリーランスとしてそこそこ成果は出てきたものの、基本的にはアニメと漫画とゲームに明け暮れる半ニート生活を送る日々でした。 「平穏な日本にいる …

セブ缶詰生活2日目:「ジャパニーズ・シュウマイ」が不味すぎる件

2段ベッドがどこまでも立ち並ぶ大部屋。 夜通し途絶えることの無い物音。 周りから丸見えな2段ベッドの上で、8回ほど途中で目を覚ましつつもとにかく眠り続けたセブ缶詰生活初めての夜。 やっと迎えた朝は、周 …

スターバックス

セブ缶詰生活4日目:スタバの注文方法が難しすぎる

セブ格安宿に泊まってとにかく仕事をしよう生活も4日目。 段々と色々と慣れてきました。 とにかくお金が無いのであらゆる所で節約しなければなりません。 というワケで昨日に引き続き今日も朝ごはんを抜くことに …