宮古島観光・移住

保良泉/保良川(ぼらがー)ビーチで自然の海とプールを楽しもう

投稿日:

沖縄宮古島の保良川(ぼらがー)といえば、カヤックや引き潮の鍾乳洞ツアーで人気のビーチです。
「鍾乳洞が探検できる」と有名なのでビーチの方は実はそれほど名が知られていません。
しかし、実は保良川ビーチは海水浴もできますし、お子様に大人気のプールやウォータースライダーもある、宮古島でも数少ない複合施設ビーチなのです。

保良川ビーチ(保良泉ビーチ)

保良川ビーチは宮古島の南東、城辺地域の海岸に位置します。
付近には魚の多さで有名な吉野海岸、無料かつサービスの高さで有名な新城海岸などがあります。
関連:宮古島の吉野海岸で世界最高峰のシュノーケルを楽しもう!
関連:宮古島の人気ビーチ「新城海岸」に行ってみた

ビーチへの入り口は「宮古島海宝館」のすぐ隣にあります。

ここから車で下っていきます。
「ボラガワ・パラダイス・ビーチ」と銘打つのは自信の表れ。

地図・案内板。
「保良川」なのか「保良泉」なのか、いまいち漢字の表記がはっきりしません。
「宮古島だからそんなこともある」の一言で乗り切りましょう。

鋭く右に曲がる急勾配。
ここからはかなり傾斜がついて急ですので注意しましょう。
この曲がり角の先には……。

超絶景。

大空。遥かなる海。生命の緑。流転する雲。そして風。
この景色を見るだけでも沖縄に来た甲斐があるというものです。

ん? 下り坂の中頃に何か見えます。

プールでした。
ものすごく綺麗。
こんなに美しい海を目前にしてプールとは。
何という贅沢。
そしてプール自体がありえないほど美しい。
輝いています。

子供たちがキャッキャと楽しそうに泳いでおりました。
そんな様子を見て「早く海に入りたい」と切望するのですが、急勾配なので焦ってはいけません。
道を踏み外すとほぼ崖です。あせらずゆっくりブレーキを踏んで行きましょう。

駐車場。決して広くはありません。
停められて20数台といったところでしょうか。
お昼過ぎに訪れたらほぼ満車でした。万全を期すなら、早めに来るかタクシーを使いましょう。

ボラガーの海。
世の中にこれほど美麗な景色があったとは。
こんな海で泳げるなんて最高です。

高台からビーチを見下ろした時の景色。
そのまま壁紙になりそうな風景。

延々と坂道を下っていきます。
日差しが強烈なのでややつらいです。
でもここまで来たらワクワク感で駆け抜けましょう。

岩礁を美しいと思う日が来るとは。

坂道の途中で見かけた二羽の黒蝶。

ビーチへの入り口はいくつかありますが、ここを右折するのが一番近いです。
木々に挟まれた道を下っていきます。

ぼらがービーチに到着!

砂浜。
貝殻や小石が多いのでビーチサンダルやマリンシューズを履いておきたいところ。

浜辺でシュノーケルの準備をしていると、監視員の方が寄ってきてくれます。
「こんにちは。シュノーケリングですか? あの岩から沖へは泳がないでください。潮の流れが急すぎて、浜に戻れなくなってしまうので」というご注意をいただきました。

どうやら上写真の右側にある、ブロッコリーみたいな岩よりも沖方向に行ってしまうと、流されてしまうそうです。
怖い。
絶対にあの岩より奥へは行かないようにしましょう。

カヤックツアー中の方々。

さあ、ダイブイン!

澄んだ水。
宮古島のビーチってどこでも綺麗ですよね。
なんなんですかね。南の楽園なんですかね。

癒される……。
シュノーケルしている人、というか泳いでいる人が極端に少ない(ぼく以外には一人しかいなかった)ので、かなりのびのびと海水浴を満喫できます。
反面、水の透明度や魚の多さなどは吉野海岸・新城海岸に比べると物足りない感じです。

入場料無料で人の少ない沖縄のビーチを満喫したいという方にはオススメできる場所です。

パーラー・売店・プール等

パーラー。食事ができます。ちょっとジュースを飲んで休みたい時にも便利です。
また、売店でもありレンタルショップでもあります。
ちなみに先ほどの幼児用プールとは別のビーチプールがこの先にあります。

ご利用の際はこちらで足の砂を流してから。

施設利用料

プール入場料 大人500円・こども200円
屋内更衣室・シャワー 大人200円・こども100円

レンタル料

ビーチパラソル 1,000円
ビーチチェア 1,000円
パラソル&チェアセット 1,500円
シュノーケルセット(水中マスク・シュノーケル・マリンブーツ・フィン・ライフジャケット) 1,800円
マスク&ブーツセット(水中マスク・シュノーケル・マリンブーツ・ライフジャケット) 1,300円
ライフジャケット 500円
水中マスク&シュノーケル 500円
マリンブーツ 500円
ウェットスーツ 1,000円
腕輪 100円
浮き輪(大) 150円
浮き輪(小) 100円
フロートマット 400円
シャチフロート 500円

帰り道。
背の高い南国の木々の間をくぐり抜けるような帰途。
いかにも「南の島」って気分になりますね。

長い上り坂の途中には休憩所も。
ここでぼーっと海を眺めるのも癒されそうですね。

高台からの眺め。
写真左手には「天然の湧き水を利用した全長80メートルのウォータースライダー」があるのですが、この日の朝に雨が降って湧き水が濁ってしまったので利用不可でした。

いつまでも眺めていたい景色ですが、名残惜しさをこらえて帰ります。

また会う日までさようなら。
帰り道はやはり超急な坂なのでギアはローで行きましょう。

やっぱり沖縄の海はいいですね。

施設・設備

シャワー 有り
トイレ 有り
更衣室 有り(有料)
ロッカー 有り(有料)
自動販売機 無し
売店 有り
レンタルショップ 有り
パーラー 有り
ツアー 有り
プール 有り
ウォータースライダー 有り
駐車場 有り

地図・アクセス

保良川ビーチ(保良泉ビーチ)
沖縄県宮古島市城辺保良1139-1

宮古空港から17km
車で約30分

-宮古島観光・移住
-, ,

あなたにおすすめの記事

関連記事

なぜ沖縄の家はコンクリート住宅が多いのか?

「沖縄の民家」と聞いてどのようなイメージが湧きますか? 開放的なつくり、赤瓦の屋根に鎮座するシーサー、木材の柱、琉球畳、そして石垣……。 このような感じの古来の琉球文化が根付いた情緒豊かな古民家を想像 …

沖縄の「ポーク」は、豚肉のことではない

沖縄のソウルフードと言えば、豚。 「鳴き声以外は全て食べる」とも言われるほど沖縄では豚料理が愛されています。 ところで、「ポーク」というと一般的に「豚肉」という意味です。 しかし沖縄で「ポーク」という …

沖縄で「ぜんざい」を頼んだら「かき氷」が出てきます

「ぜんざい」といえば和のデザート。 高級感ただよう黒白の美しいたたずまいが人気の甘味ですが、南国沖縄ではちょっと事情が違います。 沖縄でいう「ぜんざい」とは、「ほぼかき氷」なデザートです。 目次1 ぜ …

一泊3700円!那覇の激安ホテル「マリンウエスト那覇」がコスパ抜群でした

「沖縄に行くけど、とにかく安く那覇に泊まりたい!」という方にオススメなのがビジネスホテル「マリンウエスト那覇」です。 素泊まり3,700円という驚愕の低価格で宿泊が可能なこのホテル、実際に行ってきたの …

宮古島「食菜 かま田」の日本そばがオーガニックで美味い!

沖縄といえば沖縄そば、宮古島といえば宮古そばが有名です。 しかし、長く住んでいると「たまには普通のそば(日本そば)を食べたい」と思うもの。 今回は宮古島でも非常に珍しい「普通の蕎麦」を扱う「食菜 かま …