宮古島観光・移住

沖縄では1リットル紙パックの容量が946mlである

投稿日:

沖縄では紙パックのジュースやお茶に長いストローをさして飲む学生が多いですが、一見すると1リットル紙パックに見えるその容量は1リットルではありません。

946ミリリットルです。

いったい沖縄の地で何が起こっているのでしょうか。

沖縄の1リットル紙パック飲料(に見えるもの)

沖縄の一般的なスーパー「サンエー」で売られている、沖縄で一般的な牛乳パック。
一見、何の変哲もない1リットル紙パックのようですが……。

内容量表記に「946ml」の文字が。

当初は見間違いかと思い、激しく不安になりました。

みんな大好きリプトンのレモンティーなら?

やはり946ml。
ちなみにアップルティーでも同じでした。

妥協を許さない大人の飲み物アイスコーヒーならあるいは。

屈してました。

沖縄では、「1リットル紙パック飲料」ではなく「946ml紙パック飲料」が多いようです。
どうしてこんな半端な数字が設定されているのか、気になりますね。

なぜ沖縄では946ml紙パックが普通なのか?

本州では1リットルで売られている紙パック飲料が、なぜ沖縄では946ミリリットルなのでしょう?

その答えは、沖縄の歴史にありました。

太平洋戦争後、沖縄がアメリカの統治下にあった頃の話です。
沖縄が本土に返還される2年前の1970年、沖縄に初の牛乳製造工場が建てられました。
その時に用いられた機器・紙パックのサイズはすべてアメリカ製でした。

当時も今も、アメリカで使われている容量の単位は「ガロン」です。
1ガロンは約3758ミリリットル。
沖縄で紙パックによる牛乳販売は、ガロンを基本としてスタートしました。

その後、沖縄が本土に復帰し「1リットル」の紙パック飲料があることが知られると、それに近い1/4ガロン(クォーターガロン・クォート)すなわち946mlでの製造・販売が始まりました。

その時の名残で、今も沖縄の牛乳パックを始めとする紙パック飲料は946mlパックのものが多いのです。

まとめ

一見すると1Lな946mlの紙パックが普通の沖縄飲料事情。
沖縄の人たちにとっては慣れ親しんだ容量なので、むしろ本州に1リットルの紙パック飲料があることに驚くそうです。

日本全国共通なのが当たり前だと思っていた物事ですら、場所によっては異なっている。
文化の違いって面白いですね。

-宮古島観光・移住

関連記事

沖縄・宮古島の星座まとめ。南天の星空を楽しもう!

星空が好きな方なら一度は見たいと願う、南半球でしか見えない「南天の星座」。 北半球に属する日本では、南天の星を見ることはなかなか難しいものです。 しかし、本州よりはるかに緯度が低く赤道に近い沖縄であれ …

宮古島では酒に酔って道路で寝る「路上寝」がすごく多い

「路上寝」。酔っ払って道路で寝ること。 アルコールの魔力が引き起こすフリーダムな行動な中でもトップクラスにクレイジーな一例。 「いやー宮古では路上で寝ちゃって車に轢かれて死ぬ人が多いんだよね」と宮古島 …

沖縄の人は寒がり?冬は20度でもダウンジャケット着用

冬の沖縄に旅行してみると、特に厚着は必要ない温度なのにやたらと暖かそうなダウンジャケットやコードを着込んでいる人たちを見かけます。 沖縄の人たちはそこまで寒がりなのでしょうか? 実はその原因には、冬の …

沖縄では天ぷらがおやつ扱いになっている

天ぷらといえば美味な高級料理として知られる一品。 しかし沖縄では少し事情が違います。 1個50円以下で売っているおやつ。 長きにわたり安いスナック菓子感覚で愛されているのが沖縄の天ぷらです。 天ぷらと …

雪塩って何? 宮古島の雪塩製塩所に行ってきました

雪塩といえば宮古島が誇るパウダーソルト。 「雪塩ちんすこう」に使われていることでもお馴染みです。 地下海水という珍しい資源を利用して生成されるこの雪塩とは、いったいどのようなものなのでしょうか? 宮古 …